贅沢で満足を格安で!旅行代を節約できるおすすめの方法とは?

更新日:

綺麗な海

 

みなさんはどのくらいの頻度で旅行してますか?
仕事や家事・育児の疲れを癒すために、毎日貯まったストレスを解消するために、友達や家族と仲を深めるために、などなど目的は人それぞれですが定期的に旅行したいと思っている方は多いのではないでしょうか。

 

僕も旅行が好きで良く行くのですが、楽しくリフレッシュできて明日への活力を満たしてくれるだけでなく、家族の関係も良好になって最高ですよね。


 

このようにメリットの多い旅行ですが、もちろんデメリットもあります。
1番のデメリットはやっぱり多くのお金がかかってしまうという点でしょう。
大きい旅行を1回するだけでかなりの出費になってしまい、好きなだけ行っていたのではお財布が持ちません…
独り身であればまだ良いですが、家族旅行となるとその金額も膨れ上がることになります。

 

そこで、なるべく旅行の質を落とさず安くするために、今まで色々な方法を試行錯誤しました。
本記事では、その結果得られたノウハウとおすすめの方法についてまとめたいと思います。

 

 

 

格安旅行を実現するためのポイント

ポイント

単に旅行代を安くしたいだけであれば、宿泊するホテルのグレードを落とすとか、食事はコンビニで買って済ますとか、観光はお金のかからない場所だけに行くなどのやり方がありますが、これではせっかくの旅行が楽しさ半減になってしまいます。
やり過ぎてしまうと、苦痛やストレスが伴ってしまうなんてことも。
大切なお金と時間を使って計画する旅行なので、楽しく良い思い出を作りたいですよね。
ということで、旅行の質を落とさないでできるだけ安くする必要があります。

 

では、贅沢で満足できるのに安い旅行を実現するためには何をすればよいでしょうか。
そのためには旅行でかかるお金を分けてそれぞれを安くすることが必要で、大きく次の2つに分類することができます。

 

旅行でかかるお金の分類
@旅行プラン費用 ホテルや旅館の宿泊代、飛行機や新幹線でかかる交通費など、必ず必要で旅行のベースになる費用
A観光・レジャー費 観光名所や施設の入場料、テーマパークやアクティビティーでかかるチケット代・利用料など、必ず必要ではないが旅行先で楽しむための費用

 

つまり、旅行代は大きく2つに分けることができ、旅行プランと観光・レジャーでかかるお金をそれぞれいかに安くできるかということがポイントになるということですね。

 

旅行プランの決め方

ホテルの部屋

ではさっそく、旅行プランの決め方から見ていきましょう。
旅行プランで必ず決めなければいけないのが、どこに行ってどこに泊まるかという旅行の柱になる部分です。
僕の経験上、次の順番で検討すると効果的でおすすめです。

旅行プランを検討するおすすめの順番
  1. 会社の福利厚生で使える保養所や提携宿泊施設を利用する
  2. ふるさと納税の返礼品を宿泊代として使える宿泊施設を利用する
  3. クラブオフなど会員限定の割引率が高いパッケージツアーを利用する

 

ちなみにこの順番は僕個人の意見なので、みなさんの趣味や考え方で入れ替えたり、1つに偏ったりしてもOKですよ。
この3つの方法の中から決めるようにすると、旅行の質を落とさずに旅行代を抑えることができるのでおすすめです。

 

では、それぞれの内容についてもう少し詳しく見ていきましょう。

@福利厚生で使える保養所・提携宿泊施設

温泉

僕が1番におすすめするのが、健康保険組合が運営している保養所や会社が提携している宿泊施設を利用する旅行プランです。
旅行先を対象施設がある場所の中から選ぶことになるので、数が限られてしまうというデメリットはありますが、1人数千円割引の優待価格で利用することができます。
このプランだと旅行先が近場になることが多いので小旅行向きで、家族の人数が多い場合は旅行代をかなり節約できるのでおすすめです。

 

ちなみに僕は小旅行で年に3〜4回くらい使っていて、主に次の用途で利用しています。

保養所や提携宿泊施設の利用用途
  • 親孝行の1つとして、両親を温泉に連れて行ってゆっくりしてもらう
  • 自分と妻の両親を招待して、両家の懇親を深めてもらう
  • 夕食で個室を確保して、子供の誕生日会を行いみんなでお祝いする

 

Aふるさと納税の返礼品を使える宿泊施設

ふるさと納税イメージ

続いておすすめなのが、ふるさと納税の返礼品を宿泊代として使える宿泊施設を利用する旅行プランです。

 

ふるさと納税はもらう返礼品によって節約効果が決まり、節約の観点では現金の換わりとして使えるものが最適です。
具体的には「くさつ温泉感謝券」などがあり、これを利用して安く温泉旅行するというわけです。
ふるさと納税の返礼品はいわばあぶく銭のようなものなので、いつも買えない高級牛肉などにパーッと使いたくなる気持ちは分かりますが、これも現金と同じだと捉えて必要なものに使いましょう。

 

このプランも旅行先が近場になることが多く、また節約できる金額が固定されているので小旅行向きです。
僕が過去に利用したのが草津温泉と四万温泉の2つで、ふるさと納税の金額にもよりますが数万円単位で旅行代を安くすることができますよ。

 

 

ふるさと納税ができるサイトは数多くありますが、楽天ポイントの還元がある「楽天ふるさと納税」がおすすめです。


 

\ふるさと納税で楽天ポイントもゲット/

 

楽天ふるさと納税

 

B会員限定の割引率が高いパッケージツアー

旅行イメージ

最後におすすめするのが、特定の会員限定で使える割引率が高いパッケージツアーを利用する旅行プランです。

 

ここでいう特定の会員とは、たとえばクレジットカードを契約するとその特典で利用できるようになる「クラブオフ」や会社の福利厚生として提供される「ベネフィット・ステーション」などがあり、これらの会員になっていると大手旅行会社が提供しているパッケージツアーを格安で利用することができます。
多くの旅行会社がこの割引の対象になっていて、好きなパッケージツアーの中から選ぶことができ、最大10%割引で旅行できます。

 

このプランは選べるのがパッケージツアーであることと、一律の金額ではなく割引率により節約できる金額が決まることから、大型旅行向きといえます。
ちなみに僕は飛行機を使う旅行で利用していて、年に2回くらいお世話になってます。

 

 

観光・レジャーを節約する方法

観光

最後に、現地で楽しむ観光やレジャー・エンタメでかかるお金を安くできるおすすめの方法をお伝えします。
それはずばり、誰でも知っているクーポンや優待サービスを利用する方法です。
クーポンや優待サービスは手軽に簡単に入手できるのに、節約効果が高いのでおすすめです。
「そんなの知ってるよー!」と思うかもしれませんが、こちらでは特に割引率の高いサービスに限ってご紹介したいと思います。

 

観光やレジャーで利用するクーポンは、宿泊したホテルや道の駅などに置かれているものを取ってきて使うケースが一般的ですよね。
このやり方でも良いのですが、その場合は通常の割引率しか適用されません。
より割引率の高いクーポンや優待サービスをゲットするには、先ほどお伝えしたクラブオフやベネフィット・ステーションなどの会員限定サービスを利用するのがおすすめです。
会員限定なので、誰でも手に入るクーポンよりも割引率が高くなっています。

 

各サービスの提供内容
クラブオフ 特別な会員限定サービスのため、多くの施設で利用できる割引率の高いクーポンがたくさん揃っています。
ベネフィット・ステーション

クラブオフと同等かそれ以上に割引率の高いクーポンが揃っています。
また、事前決済が必要になりますが、クーポンより割引率が高い優待サービスを利用できます。

 

その他の手段

お伝えした2つのサービスを利用できない場合は、もう少し会員になりやすいサービスがあるのでご紹介しておきます。
こちらも会員限定のサービスにはなりますが、意識しなくてもいずれかの会員になっている可能性の高いサービスです。

その他のおすすめサービス
  • JAF会員になると使える「JAFナビ
  • 携帯電話会社が提供するクーポンサービス(docomoなら「スペシャルクーポン」)
  • などなど

 

まとめ

質を下げずに安く旅行するには、旅行プランと観光・レジャーの2つに分けて検討し、それぞれを安くすることがポイントです。
旅行プランについては、小旅行であれば保養所や会社提携宿泊施設、大型旅行であれば会員限定の割引率が高いパッケージツアーがおすすめです。
観光・レジャーについては、クーポンや優待サービスを使うのがおすすめで、特にクラブオフとベネフィット・ステーションの2つがお得です。




このページの先頭へ戻る