お金の管理が超簡単!お金が貯まる家計管理方法とは?

更新日:

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

家計管理

 

お金を何も考えずに使ってしまったり、夫婦で財布を別々に管理しているなど、お金の管理を適切にできなくなっていませんか?
貯金をしたりお金を貯めるためには、「節約のベースになる!お金が貯まる考え方」でお伝えしたとおり、出費を減らすことが大切です。
家計を適切に管理できると、無駄な出費を減らすことができます。

 

汗水たらして頑張って稼いだ大事なお金ですから、できる限り無駄には使わず必要な分を適切に使いたいですよね。


家計を適切に管理するためには、「夫婦間での管理の仕方」や「家計をオープンにしてクロスチェックする方法」、「家計簿はつけない」など5つのポイントがありますので、順番にご紹介していきたいと思います。

 

 


家計管理方法@ お金は夫婦2人で管理する

夫婦

家計をきちんと管理するにはけっこうな手間と時間がかかってしまうため、大変な作業になります。
また、お金は大切なものなので、簡単にミスしましたというわけにもいきません。
独身の方の場合は自分でやるしかないですが、結婚しているとついパートナーに任せたくなっちゃいますよね。
男性はどちらかというとずぼらな方が多いので、女性が家計の管理をしているというご家庭の方が多いのではないでしょうか。

 

2人でやるよりパートナーに任せた方が楽で効率的なのですが、家計の適切な管理という面では2人で行うのが適切なやり方になります。


家計を2人で管理した方が良い理由とは?

家計を2人で管理した方が良い理由は、次の2つがあります。

  • お金の無駄遣いをクロスチェックできる
  • お金や節約に対する意識が高くなる

以降では、この2つについてご紹介していきたいと思います。

お金の無駄遣いをクロスチェックできる

チェック

夫婦の片方だけで家計を管理していると、どうしてもチェックや監査的な仕組みが成り立たなくなります
財布を握っている方が完璧で無駄なく使えるのであれば良いのですが、人間なのでそうもいきません。

 

良くないなとは思っていてもちょっとだからいいやと、家計のお金で自分の欲しいモノを買ってしまったり、へそくりを貯めてしまったりと、ついやってしまいがちなんですよね。


2人で家計を管理すれば、それぞれが自由に使っていい範囲(たとえばお小遣いなど)を超える場合は、相手の了解を得てからでないと使うことができなくなるので、お互いの無駄遣いをなくしやすくできます。
また、2人の目で確認することで家計全体を複数の目線でチェックできるので、たとえば保険や携帯料金など1人だとスルーしてしまいがちな出費も、もう1人が気付くことで無駄な出費の削減につなげられる可能性があります。
無駄な出費をなくすためには、このように家計を2人でクロスチェックすることが大切なポイントの1つになります。

お金や節約に対する意識が高くなる

意識向上

家計の管理を1人だけでやっていると、管理していない方のお金や節約に対する意識がどうしても低くなってしまいます。
テレビに出ているご夫婦の会話で、旦那さんが「お金はかあちゃんに任せてあるから」と言っているのを聞くことがあります。
このようにお金に対する関心が低くなってしまうと、必要でないモノを買ってしまったり、必要であっても値段を気にせずに高いモノを買ってしまったりします。
夫婦1人の意識が高くても、もう1人の意識がかけ離れてしまっていると、家計の節約という観点では適切なやりくりができなくなってしまいます。
そこで、夫婦2人で家計を管理していればお互いの意識を高く保ちやすくなり、こういったリスクを減らすことで無駄な出費の削減につなげることができます。

 

人に任せていると意識が低くなってしまいますが、自分が主役で携わっていれば自然と意識が高くなりますよね。


家計を夫婦2人で管理することで、出費のクロスチェックをしたりお互いの意識を高く保って、無駄な出費をなくそう!

 


家計管理方法A 夫婦間でお金をオープンにする

お金管理

家計を適切に管理するためには、家計がオープンになっていることが大事なポイントの1つになります。
隠れたお金や使い道の不明なお金は無駄遣いの元になりますので、余計な出費をしないようにするためにできる限り夫婦間でオープンにします。
とはいえ、自分で使うお金は別で確保しておきたいと思うのが人情ですが、家計のため自分たちの将来のためだと思って夫婦で協力していきましょう。

家計をオープンにするポイントは?

家計をオープンにする上でのポイントは、大きく次の2つあります。

  • お金を何にいくら使ったかを明確にしておく
  • 夫婦でお金の入出を定期的に確認する

以降で、この2つについて詳しくご紹介していきたいと思います。

お金を何にいくら使ったかを明確にしておく

出費管理

家計には収入と支出(出費)がありますが、無駄遣いなどでグレーになりやすい支出をできる限り明確にする必要があります。
そのためには、どのようなやり方をすれば効率良くできるでしょうか。

 

ここでは、私が実際にやっているやり方を一例としてご紹介したいと思います。


 

数千円以上の高額な出費の場合

高額な商品を購入する場合などは、クレジットカードで支払うようにします。
こうすることで、クレジットカードの明細書からお金を何にいくら使ったかをいつでも簡単に確認できるようになります。
明細書はいつでも確認できるように、紙版ではなくWEB版がおすすめです。
また、現金で支払ってレシートを取っておく方法でも良いのですが、次の理由からクレジットカード払いをおすすめします。

  • 明細書だと一覧で見やすく管理しやすい
  • クレジットカード払いならポイントが貯まる

 

日常生活での少額な出費の場合

少額な出費も同じように管理できればベターですが、手間に対する効果を考えると、管理対象外にしても良いと思います。

 

電子マネー払いだと何に使ったかを確認できませんが、私はコスパを考えてSuicaで支払ってます。


細かく管理しすぎると作業が大変になってやりたくなくなるので、管理対象をいくら以上にすべきかは夫婦間できちんと合わせておきましょう。
Suicaをクレジットカードからチャージするようにしておけば、使いすぎた月は明細書ですぐにばれてしまいます。

 

(まとめ)おすすめの支払い方法

出費を明確にするためのおすすめの方法をお伝えしましたが、その内容を分かりやすいように表でまとめます。

出費の金額 クレジットカード

電子マネー
(Suicaなど)

現金
少額
高額 ×

現金と電子マネーで支払う場合、どちらも使用履歴が残らないので管理の観点では同率なのですが、クレジットカードからチャージするとポイントが貯まることとスムースに支払いができることを踏まえて、電子マネーの方がおすすめです。

夫婦でお金の入出を定期的に確認する

チェック

クレジットカード払いで大きな出費を明確にできたら、次のステップで実際に家計のお金をチェックする必要があります。
収入と支出(出費)を両方とも定期的にチェックします。

 

節約という観点では出費のチェックが中心になってしまいますが、現時点の世帯収入についても夫婦で認識を合わせておく必要がありますので、併せて確認するようにしましょう。


では、順を追ってご説明していきたいと思います。
一般的なご家庭を例に、家計のお金がどのように入ってきてどのように出ていくかという入出元をまとめてみると、次の表になります。

収入 現金、銀行口座入金
支出 現金(※)、クレジットカード(※)、銀行口座引落

※電子マネーへのチャージ含む

このように、一般的には「現金」「銀行口座」「クレジットカード」の3つが大きな入出元になります。
つまり、家計をオープンにするには、この3つを夫婦でオープンにしてチェックすればよいわけです。
この3つをチェックする手段をまとめたのが次の表になります。

収入 支出
現金

チェック不可
(高額の場合は銀行口座へ入金)

チェック不可
銀行口座 通帳記帳、インターネットバンキング 通帳記帳、インターネットバンキング
クレジットカード 紙の明細書、WEB明細書

この表から分かるポイントは、次の2つです。

  • 履歴として残しにくいので、現金はできる限り使わない
  • 銀行口座やクレジットカードの履歴は通帳などの紙より効率的に管理できるインターネットを使う

お金の入出確認は、「インターネットバンキング」と「WEB明細書」を使うと効率的に実施できます。
この2つを使って、月に1回少なくても2ヶ月に1回くらいの頻度で定期的に確認できると良いです。

具体的なチェック作業は、「家計チェック作業の具体例」をご覧ください。

高額な出費は、クレジットカードを使って出費内容を管理しよう!
またインターネットバンキングとWEB明細書を使って、夫婦で定期的にお金の入出チェックをしよう!

 


家計管理方法B お小遣い制はやめて自腹カウント制にする

お小遣い

皆さんのご家庭では、自分の趣味にお金を使う場合はお金をどこから出してどのように管理していますか?

 

うちは私が家計を管理しているので、夫にはその中からお小遣いを渡していて、それで1ヶ月のやりくりをしてもらってます。
友達の家では、夫婦両方ともお小遣い制にしているみたいです。


このように、お金を貯めるためにお小遣い制を取り入れているご家庭が多いと思いますが、実は節約意識の高いご家庭に限ってはそれが必ずしも最適解というわけではありません
家計としては、必要なモノに対してのみお金を使うというのが理想です。
このサイトを見ていただいている皆さんは節約意識が高いはずですので、無駄な出費が出てしまうのを前提としたお小遣い制ではなく、より無駄を抑えられる可能性のある「自腹カウント制」というやり方をおすすめしたいと思います。

家計における自腹カウント制とは?

計算

自分の趣味などで、家計とは関係なく使ったお金を自腹としてカウントします。
自腹としてカウントされたお金はパートナーも同じ分だけ使うことができ、パートナーが使った自腹分も同じく自分が使えるという家計管理の方法になります。
お互い同じ金額だけ使う権利があるので、夫婦平等なやり方です。
これだけ聞くと、お互いが好きにお金を使えてしまうので、無駄な出費が増えてしまうんじゃないかという懸念が生まれると思います。
では、ここで分かりやすく1つのケースを取り上げてみます。

 

3万円自腹のケース

旦那さんが自分の趣味で3万円のゲーム機を買ったので、それを自腹としてカウントし、奥さんも趣味で集めている3万円のバッグを買いました。

 

ここで考えてもらいたいのが、旦那さんは3万円の出費しかしていないのに、結果的に家計としては6万円 つまり倍の出費をしてしまうことになるということです。

散財

そのため、節約意識が高い人は欲しいからといって簡単にお金を使いにくくなり、無駄な出費を抑えることができるようになります。
また、次のようなルールを併せて決めておくと、さらに効果的です。

  • 夫婦間の自腹の累計差額が5万円を超えた場合は、お金を多く使っている方はこれ以上使えなくなる

自腹をカウントするタイミングは、「家計管理方法A 夫婦間でお金をオープンにする」でお伝えしている「定期チェック」の際に実施します。

自腹カウント制のメリットとデメリットは?

メリット・デメリット

「自腹カウント制」の方が無駄な出費を減らせ、節約に効果があることをお伝えしましたが、ここでは「お小遣い制」と「自腹カウント制」のメリットとデメリットをまとめたいと思います。

 

お小遣い制
メリット
  • 「パートナーが自由に使うお金 = お小遣い」となり定額なので、家計管理が楽
  • お小遣いを少なくしておけば無駄遣いをしにくくなる
デメリット
  • 実際に必要なお金が少なくお小遣いが余ったとしても、家計には戻らず好きに使われてしまうため、その分が無駄な出費になる
  • その月に必要なお金は歓送迎会などのイベント事によっても左右されるため、適切な金額の算出が難しく、多すぎると無駄に、少なすぎると不満やモチベーションダウンになる

 

自腹カウント制
メリット
  • 節約意識が高い人は、お金を必要な分だけ使って無駄遣いしなくなる
  • パートナーがお金を使わないと自分も使えない仕組みなので、夫婦の節約意識が高い方に自然と合わせられる(節約意識の高い方が主導権を握れる)
  • 買い物の際に必要な出費かどうかを考えるようになるので、節約に対する意識が高くなる
デメリット
  • 定期チェックの際に自腹で使った金額をカウントする手間がかかる
  • 節約意識の低い人はお金を使いすぎてしまう可能性がある

 

「自腹カウント制」がきちんと機能すれば、家計の節約に大きな効果を見込めますが、意識が低い人がいる場合はお金を使いすぎてしまうリスクを伴います。
ご家庭の状況をしっかり見極めた上で、適切な方法を選んでもらえたらと思います。

節約意識の高いご家庭は、お小遣い制より自腹カウント制の方が節約効果が高いため、こちらを取り入れよう!
ただし、ご家庭によってはリスクを伴う可能性があるため、やり方を吟味して運用しよう!

 


家計管理方法C 家計簿は時間の無駄!つけないようにする

家計簿

みなさんのご家庭では家計簿をつけていますか?
つけているかどうかは、家計を握っている方の考え方や時間的余裕があるかどうかなどにも左右されます。
また、家計簿をつけているご家庭の多くは、次の2つを主な目的としてやっていると思います。

  1. 当月の収入/支出の把握 
    今月は赤字なのか、余裕があるのか
  2. 過大な出費や無駄な出費の把握 
    何にお金を使ってしまったのか、無駄な出費はあったのか

家計簿をつけているご家庭では、毎月これらの把握をやって出した結果を翌月以降に役立てられていますか?
この改善がなかなか難しいので、あまりできていないのが現状だと思います。

 

家計の当月の収支状況を把握して、赤字だったら落ち込み黒字だったら喜んでも、節約にはあまり意味がありません。
毎月の収支は、旅行や結婚式への参列などその月のイベントによっても左右されます。


また、せっかく改善点を把握できたとしても、今後にあまり活かせていないようであれば、せっかくの努力が無駄になってしまいます。
きちんと改善までできているご家庭はそのままでも良いと思いますが、そうでない場合は時間の無駄です。
家計簿はつけないことをおすすめします。

 

家計の管理は家計簿でするのではなく、「家計管理方法A 夫婦間でお金をオープンにする」でお伝えしているように「定期チェック」で実施できるので、わざわざ帳簿としてつける必要はありません
また、日頃から無駄な出費をしないようにしていればそもそも必要のない作業なので、お金管理のプロであるファイナンシャルプランナーもつけていない方が多いです。

チェックリスト

家計簿をつける時間があるのであれば、その時間を別のことに有効活用してください。
たとえば、節約するための時間に回したり、副業する時間や自分の趣味を充実させる時間に充てることができます。

家計の管理は夫婦の定期チェックで実施して、家計簿はつけないようにしよう!
家計簿をつけていた時間は他の有効なことに活用しよう!


家計管理方法D 銀行口座は1人1つ、多くても2つにする

銀行口座

みなさんは銀行口座をいくつお持ちですか?
多くの人は複数持っていて、お金や資産を分散して管理されていると思います。

 

口座振込をする際に相手が同じ銀行であれば手数料がかからないので、つい多くの口座を作ってしまいがちですよね。
でもその分、家計の管理が煩雑になってしまうんです。


資産が多くリスク分散が目的であればいいのですが、家計の管理という面では対象を少なくするのが理想です。
あまり多くの口座を持ちすぎると、お金や資産が分散して家計管理がしにくくなり、お金を貯めにくい家計体質になってしまいます。
そのため、持っている銀行口座はできる限り少なくすることをおすすめします。
普通のご家庭であれば、1人につきメイン口座を1つ、多くてもサブを入れて2つにすると良いです。

 

また、サブ口座はあくまでサブですので、お金の入出はメイン口座でまとめます
そうすればメイン口座の履歴を見るだけで、お金の入出を簡単に把握できます。
対象が家計やお金でなくても管理という作業は面倒ですので、しっかりやるにはその作業を簡単にしておくというのがポイントです。

家計の管理を煩雑にしないために、銀行口座は1人につきメイン口座を1つ、多くても2つまでにしよう!
複数口座が必要な場合は、家計管理ツールを導入して効率的に家計を管理しよう!

 


家計チェック作業の具体例

チェック

これまでに家計を管理するためのポイントは、5つあることをお伝えしました。

  1. お金は夫婦2人で管理する
  2. 夫婦間でお金をオープンにする
  3. お小遣い制はやめて自腹カウント制にする
  4. 家計簿は時間の無駄!つけないようにする
  5. 銀行口座は1人1つ、多くても2つにする

こちらではこの5つのポイントを踏まえて、家計のチェック作業の具体的な方法をご紹介したいと思います。
これは私が実際にやっている1つの例ですので、参考にしてもらえたらと思います。

この作業は、必ず夫婦2人の目でダブルチェックしながらやるようにしましょう。
1人でやってもあまり効果はありません。

家計チェック作業のやり方

家計をチェックする作業のやることは大きく2つで、「クレジットカード払いのレシートとWEB明細とのチェック」、「銀行メイン口座の入出金チェック」です。

クレジットカード払いのレシートとWEB明細とのチェック

レシート管理

  1. クレジットカードで支払ったレシートを保管しておく
  2. 後日明細書と突合することで、誤請求の有無と使用用途をチェックします。

  3. 月に1回など頻度を決めて、クレジットカードのWEB明細でチェックする
  4. 保管しておいたレシートとWEB明細を突合し、「請求金額が合っているか」「何に使ったものか」を確認して、自腹(自分の趣味など)で使ったモノはその金額をカウントします。
    自腹でないモノは金額さえ合っていればOKです。

  5. AをWEB明細のすべての使用履歴に対してやる
  6. 銀行メイン口座の入出金チェック

    通帳チェック

  7. 続いて、ネットバンキングで入出金履歴をチェックする
  8. 主な確認はだいたい以下の感じで、ここでも自腹で使った金額はカウントしておきます。

    口座振替 クレジットカード、習い事代など 明細書と突合して金額が合っているか確認
    現金振込 買い物、仕送りなど 明細書があるものは突合して金額と用途を確認
    現金引き出し 現金を使う生活費、結婚祝いなど

    用途確認が難しいため、毎月同程度であればOK

    明らかに多い場合は内容を確認

    必要に応じて発生する作業

    2つのチェックが終わったら、最後に必要に応じて次の作業をします。

  9. ACで自腹としてカウントした金額があれば、「自腹管理表」につける
  10. 自腹管理表とは、夫婦お互いが自腹で使った金額を管理しておくファイルのことで、エクセルか何かで別途管理しておくと良いです。

  11. チェックで明らかになった問題点があれば、改善策を検討する
  12. たとえば、レシートを取っておくのを忘れたり、銀行から下ろした現金を何に使ったか忘れたり(高額なモノの場合)、というのはありがちなことです。
    たまにであればいいのですが、頻度が多いと故意である場合もあるので、何かしらの改善策を検討した方が良いかもしれません。
    また、自腹の金額差が大きくなり過ぎた場合も、何かしらのルール追加や対策が必要です。

チェックするイメージ

以上が私の家計で取り入れている方法で、特に問題がなければ1ヶ月分でだいたい15〜20分で終わります。
今のところこの方法でやっていますが、それぞれのご家庭にはそれぞれ合うやり方があると思います。
これは一例として参考にしてもらって、ご自分の家庭に合う方法を作り上げていってください。
まずは一度やってみることが大切なので、トライ&エラーで改善していきましょう。

夫婦2人でクロスチェックしながら、クレジットカードのWEB明細と銀行口座を定期的にチェックしよう!

 


家計管理のおすすめアプリ

スマホアプリ

これまでにおすすめの家計管理の方法をお伝えしましたが、「手作業でやっている時間がない!」とか「すべてのお金をオープンにしたくない!」という方向けに、アプリを使って一部の作業を効率的に管理するやり方もあります。
そこで、おすすめのアプリが2つあるので、こちらでご紹介したいと思います。

おすすめアプリ@ OsidOri(オシドリ)

OsidOriアプリ

1つ目は、夫婦でお金を簡単に管理できる「OsidOri(オシドリ)」というIOS専用のアプリです。
JA・銀行等の各種イベントやプログラムで多数受賞しており、主に次の特徴があります。

  • 夫婦で一緒にお金を管理でき、シェアしたいお金だけ共同管理ができる!
  • 自分専用ページで個人のお金の管理もできる!(パートナーからは見えない)
  • 共同貯金を簡単にスタートできる!

対象デバイスは iPhone / iPad のみですが、気になった方はぜひ使ってみてくださいね!

 

こちらからインストールできます。

OsidOriアプリ

 

おすすめアプリA マネーフォワード

適切に効率的に家計を管理するためには、「家計簿はつけない」「複数の銀行口座を持たない」ことをお伝えしましたが、次の条件に当てはまる方は「マネーフォワード」というツールを使うと家計管理が楽にできるようになります。

  • 資産を複数の金融機関、複数の形態(通常預金、定期預金、投資信託、確定拠出年金など)で所有している
  • 仕事やプライベートなどの都合で複数の口座を所有する必要がある
  • やっぱり家計簿はつけておきたい
マネーフォワードとは?

「マネーフォワード」とは、家計のお金や資産を視える化して管理しやすくするツールです。
数多くある家計管理ツールの中でも人気の高いサービスで、CMや広告などで目にされた方は多いかと思います。
具体的には、主に次の3つのことができます。

  • 毎日のお金の入出を視える化
  • 銀行の残高やクレジットカードの利用額を視える化
  • 何にいくら使ったかを視える化

 

私も一部機能を使っていますが、複数口座の入出金や現在の残高をまとめて一度に確認できるので便利です。
銀行口座が2つ以上ある方は、なるべく少なくしながら本ツールを併用するのも良いかもしれません。



まとめ

家計を管理するためのポイントは、5つあることをお伝えしました。
家計を適切に管理できると、お金の無駄遣いがなくなり、結果として大きな節約につなげることができます。
ご自分が納得できたポイントからでOKですので、できるところから始めてみてください。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

このページの先頭へ戻る