Googleアドセンスの審査はこれで合格できる!やるべき5つのこと

更新日:

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

Googleアドセンス審査合格

 

グーグルアドセンス(Google AdSense)は、ブログやサイトを運営している人にとって、広告収入によりブログを収益化するためにぜひ取得しておきたいアカウントの1つです。
このアカウントはGoogleが実施している審査に合格することで取得でき、自分のブログやサイトにGoogleが配信する広告を表示することができるようになります。
Googleアドセンスの審査は1次審査と2次審査に分かれていて、この2次審査がとても厳しいことで有名で、2016年9月頃からさらに厳しくなったと言われています。
そのため、Googleアドセンスの広告を掲載しているブログやサイトは一定基準を満たしている証になり、始めたばかりのブロガーやアフィリエイターにとっては最初に目指すべき目的と言ってもいいと思います。
Googleアドセンスの合格を目標に必要な作業をやっていくことで、SEOの観点でサイト自体がどんどん洗練され、ユーザビリティの高い良いサイトになっていきますのでぜひチャレンジしてみてください。

 

 

Googleアドセンスの審査に通るということは、天下のGoogleに認めてもらえた証拠ですから、今後の運営のことも考えるとぜひ合格しておきたいですね!


 

本サイトが真剣にアドセンス審査に取り組み始めてから、合格してアカウントを取得できるまでだいたい3ヶ月の時間がかかりました。
その間、10回くらいの不合格を受けながらも修正を続けて、ようやく辿り着いた審査突破のポイントや方法があります。
そちらについて、分かりやすく解説していきたいと思います。

 

 

 

Googleアドセンス審査に合格するための最大のポイント

ポイントイメージ

Googleアドセンスの審査に合格するには、Googleが提案している「ウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン)」に沿ったサイトの作成・運営をしていく必要があります。
そのためには多くの必要事項をクリアしないといけませんが、その中でもアドセンス審査時に最も見られていると実感し、そして最後まで苦戦しながら取り組んだポイントがありますので、まずはこちらについてお伝えします。

 

アドセンス審査に合格するための最大のポイントとは、ずばりGoogleサーチコンソールのカバレッジを最適化することです。
Googleサーチコンソールとは、Googleが無償で提供している高機能なサイト解析ツールのことで、自サイトの状況を詳しく解析することによってサイトに内在する問題を特定でき、SEO対策を行う上で必須のツールになります。
このGoogleサーチコンソールの解析結果が表示される「カバレッジ」を最適化することを目指します。

 

Googleサーチコンソールのカバレッジ

 

こちらがカバレッジの画面で、Googleが認識できたページをそれぞれ4つのステータス(エラー、有効(警告あり)、有効、除外)に割り振ります。
これによって、作成した各ページをGoogleがどのように認識しているかを確認でき、サイト全体の状況を一目で把握することができます。

 

先ほどカバレッジの最適化がポイントだとお伝えしましたが、具体的にはこのカバレッジに表示される4項目を次の状態に近付けることになります。

エラー
有効(警告あり)
有効 ●送信して登録されました:すべてのページ

●インデックス登録されましたが、サイトマップに送信していません:0

除外 次のステータスのみOKで、それ以外は0にする

●ページにリダイレクトがあります

●noindex タグによって除外されました

●代替ページ(適切な canonical タグあり)

●見つかりませんでした(404)

●検出 - インデックス未登録

 

この状態が理想ですが、0にすべきステータスにページが残っている状態でも、対象のページに対して対処が完了していれば問題ありません
再クロールされてカバレッジに反映されるまでは、ある程度の時間がかかりますので。
本サイトでも、「【有効】インデックス登録されましたが、サイトマップに送信していません」のステータスに1ページ残っている状態(対処完了)で合格できました。

 

では、「有効」と「除外」でよく出てくるステータスについて少し補足します。
〇:問題のないステータス、×:対処が必要なステータスです。

 

有効

送信して登録されました(〇)

正常なステータスで、xml形式のサイトマップに登録されているページをGoogleがインデックスしている状態です。

 

インデックス登録されましたが、サイトマップに送信していません(×)

Googleがインデックスしたページがxml形式のサイトマップに登録されていない場合に表示されます。
Googleがクロールしてインデックスできるページは、noindex記述をしていないなどサイト運営者がインデックスを望んでいるページだと理解されるので、該当のページがxml形式のサイトマップに登録されていないことを警告してくれています。
この場合は、該当ページをサイトマップに追加してGoogleに送信すれば解決です。

 

除外

ページにリダイレクトがあります(〇)

301などのリダイレクトが設定されたページです。
設定したとおりの動作であれば問題ありません。

 

noindex タグによって除外されました(〇)

htmlコードにmetaタグ(meta要素)を記述し、インデックス登録されないようにした場合に表示されます。
設定したとおりの動作であれば問題ありません。

 

代替ページ(適切な canonical タグあり)(〇)

内容的に重複したページが存在する状態ですが、正規ページが適切に指定されている場合に表示されます。
URLの正規化ができている状態なので、問題ありません。

 

見つかりませんでした(404)(〇)

該当のページが存在しない場合に表示されます。
不要ページを削除したのであれば問題ありません。
ページ移転の場合は、301リダイレクトを設定しましょう。

 

検出 - インデックス未登録(〇)

クローラーによって該当のページが検出されましたが、まだクロールされていない場合に表示されます。
これはサイトが高負荷だった場合に発生するので、特に問題ありません。

 

クロール済み - インデックス未登録(×)

Googleにクロールされましたが、インデックスするに値しなかったページが表示されます。
不要なページの場合は、削除するかnoindex記述をしましょう。
こちらは0にするのが理想ですが、使っているCMSによってはnoindex記述できないファイルやページがある場合もありますので、多少残っていても問題ない気がします。

 

重複しています。送信された URL が正規 URL として選択されていません(×)

次の条件を満たす場合に表示されます。

  • インデックス登録するためにリクエストしたページが正規ページとして明示的に指定されていない
  • 重複したURLが存在しており、Googleが別のURLを正規ページとして適切だと判断

複数のページが重複している場合、Googleはその中の正規ページのみをインデックスするので、このケースではリクエストしたURLではなくGoogleの選択した別の正規ページがインデックスされています。
このステータスの解決には、後ほどご説明する「301リダイレクト」か「canonical正規化」が有効です。

 

クロールエラー(×)

クローラーがURLの取得をする際に、不特定のエラー(レスポンスコードが 4xx または 5xx)が発生する場合に表示されます。
「URL検査ツール」を使って実際にページを取得して、問題が発生するかどうかを確認する必要があります。
本サイトではほとんど表示されることはありませんでした。

 

重複しています。ユーザーにより、正規ページとして選択されていません(×)

重複したページが存在し、どのページも正規ページとして指定されていない場合に表示されます。
こちらも「301リダイレクト」か「canonical正規化」で解決できます。

 

各ステータス・エラーの詳細については、「インデックス カバレッジ レポート」をご確認ください。

 

Googleアドセンス審査に合格するためにやるべきこと

審査合格のためにやるべきこと

 

本サイトの審査合格に向けて具体的にやったことを通して、突破方法をまとめたいと思います。

 

初回審査時のサイト状況と審査結果
アドセンス審査の具体的な突破方法をお伝えする前に、その前提となる本サイトの初回審査時の運用状況は次のとおりでした。

  • 独自ドメイン(my-setsuyaku.net)を取得
  • 本サイト(https://my-setsuyaku.net/)をSIRIUSというCMSで作成
  • 本サイトのドメイン直下にサブフォルダ(https://my-setsuyaku.net/blog)を作り、ワードプレスをインストールしてブログを作成
  • 本サイトとブログ共に常時SSL化(https化)して運用
  • 本サイトで節約術を紹介し、ブログで実際に節約できた実例を紹介
  • 記事数:60、運営期間:4ヶ月

 

この状況で初めてGoogleアドセンスの審査に登録したところ、1次審査は無事通りましたが、2次審査の結果は次の2つが指摘され不合格でした。

 

価値の低い広告枠(コンテンツの量が不十分なサイト)

これを解消するのには、あまり時間がかかりませんでした。
このメッセージは文字数の少ない記事や品質の低い記事があるときに出る結果なので、不要な記事の削除や記事のリライト・統合で解決できました。

 

価値の低い広告枠(コンテンツが複製されているサイト)

このメッセージの解決にかなりの時間がかかり大変でした。
多くの方もこのメッセージに苦しんでいるかと思います。
本サイトでは、これからお伝えするやるべきことを実施し、最終的にはGoogleサーチコンソールのカバレッジ最適化で解決できました。

 

実際にやった審査合格に向けてやるべき5つのこと

TODOリスト

 

では以降で、本サイトで実際に実施した審査突破方法を見ていきましょう。
まずは、絶対にやるべき必須事項からお伝えします。

 

 

必須事項は全部で5つありますので、必ず実施するようにしてくださいね。
また、次のことは基本なのでやるべきことには入れてませんが、1,000文字以上の記事をできれば20点、最低10点以上作ることも必須ですよ。


 

必須@ 独自ドメインの取得

ドメインのイメージ

 

2016年3月にGoogleアドセンスの審査方法が変更になり、独自ドメインでしか審査に登録することができなくなりました
以前は無料ブログからも審査登録ができたようですが、現在は独自ドメインを取得できる一部の無料ブログを除いて不可になります。
時代背景としてサイト自体の信頼性が求められているので、これからこういった動きの拍車がかかっていくでしょう。

 

ちなみに、本サイトは立ち上げ当初から「ムームードメイン」で取得した独自ドメインで運用していました。
独自ドメインの取得を検討される場合は、実績のある次のどちらかがオススメですよ!

  • ムームードメイン
  • お名前.com



 

必須A 常時SSL化(https化)

SSL化イメージ

 

常時SSL化は、Googleアドセンスの1次審査に合格するために必ずやっておくべきことになります。
1次審査で不合格だったブログを常時SSL化しただけで合格できたという報告もあります。

 

常時SSL化とは?

常時SSL化とは、ウェブサイトのすべてのページをSSL化(https化)することで、この技術によって通信の暗号化を実現しセキュリティを向上させることができます。
今までは、ID・パスワードや個人情報などを入力するページのみSSL化し、重要な情報を通信する場合のみ保護するというやり方が一般的でした。
ところが近年になって、GoogleなどのSSL化を推進する組織の働きもあり、ウェブサイトの常時SSL化が必須になっています。
Googleは「検索エンジン最適化(SEO)スターター ガイド」の中で、すべてのウェブサイトで可能な限り「https://」を使用することを推奨しています。

 

 

業種やサイトの規模に関係なく、ユーザーがすべてのウェブサイトを安心して閲覧でき、重要な通信を安全にやり取りできるようにするためですね。
こちらも独自ドメインの取得と同様に、サイトの信頼性向上の動きにマッチしたものです。


 

ちなみに、本サイトは立ち上げ当初から常時SSL化していました。

 

必須B 記事の統廃合

記事

 

Googleサーチコンソールの最適化とユーザービリティの向上のために、内容的に重複している記事や文字数が少ない記事の統合・廃止を実施します。

 

Googleの検索画面で、「site:ご自分のドメイン」(本サイトならsite:my-setsuyaku.net/)で検索すると、そのドメインでインデックスされているページの一覧を表示できます。
その検索結果の最後に、次のような重複ページの除外メッセージが表示されている場合は、重複したページがあるとGoogleに認識されていますので対応が必要です。

 

検索結果の重複メッセージ

 

以前は本サイトとブログで内容の被っているページが多くあったため、本ドメインで検索した際にこのメッセージが出ていましたが、次のことをやって解消しています。
結果、20記事まで減らしました。

  • 文字数の少ない記事や内容的に重複している記事を本サイトへ統合
  • 記事統合後の301リダイレクト設定
  • 文字数の少ない記事や品質の低い記事のリライト
  • 統合やリライトするまでもない不要な記事の削除

 

301リダイレクトとは?

301リダイレクトとは、ページの移転や統合を行った際に、一時的ではなく恒久的に移転先へ転送させることを言います。
301リダイレクトを設定しておけば、訪問者が元のページにアクセスした際に自動で移転先に転送されたり、元のページについていたGoogleからの“評価”も移転先に引き継ぐことができたり、SEO的にも適切というわけです。
ページの移転や統合を行った際には、必ず301リダイレクトを設定しておきましょう。
この設定を必要なページにすべてやっておくことで、Googleサーチコンソールのカバレッジが最適化されます。

 

本サイトの失敗談と注意点

Googleアドセンス審査に合格できないときは「コンテンツの重複している記事の統合」が必要だと説明しているブログを見かけ、こちらを実践しました。
たとえば、外食の節約を例にとってみると、別々にご紹介していた次の記事をすべて1つの記事に統合しました。

  • 安く外食するための一般的なノウハウ
  • コスパ最強!外食店ランキングと具体的な節約方法
  • コスパの優れたそれぞれのお店で実際に節約できた実例

これをやって合格することはできたのですが、18,000文字を超える読みにくい記事になり、検索結果の順位も落ちてしまいました。

 

 

コンテンツの重複と見なされるのが怖くて、やりすぎてしまったわけです!


 

他のサイトを見るとここまで1つに統合する必要はなく、記事の内容が重複しているかどうかは先にご紹介した「site:ご自分のドメイン」で検索して確認すると良いです。
そこまで敏感になる必要はないというのがここでの注意点で、現在は読みやすい記事にするためにまた分割しています。

 

必須C プライバシーポリシーの作成

個人情報保護

 

プライバシーポリシーとは、ウェブサイトで収集した個人情報の扱い方をサイト管理者が定めている規範のことです。
Googleアドセンスのアカウントを取得するには、個人情報の扱いを定めているプライバシーポリシーの設置が必須です。
コピーOKの雛形がありますので、それを探して自分のサイト用にカスタマイズすればOKです。

 

また審査申請時の段階で、Googleアドセンスを利用している旨をプライバシーポリシーに記載しておく必要があり、合格後に記載するのではダメですのでご注意ください。
審査合格後からすぐに広告を掲載することができるため、また合格後にプライバシーポリシーに記載される保証がないため、審査時に完了させておく必要があります。

 

必須D URLの正規化

URL正規化イメージ

 

様々な理由によって、違うURLにアクセスした場合に同じ内容のページが表示される場合があるため、全ページに対してURLの正規化を行っておく必要があります。
これはGoogleサーチコンソールのカバレッジを最適化するためにも必要です。

 

URLの正規化とは、同じページにアクセスできる似たURLに対して、有効な1つのURLを明示することを言います。
URLの正規化をやっておかないと、本来であれば1つのページに集まるべきGoogleからの“評価”が複数ページに分散されてしまいます。
またGoogleサーチコンソールのカバレッジに、対処が必要な次のステータスとして表示されてしまいます。

  • 【除外】重複しています。送信された URL が正規 URL として選択されていません
  • 【除外】重複しています。ユーザーにより、正規ページとして選択されていません

 

本サイトでは、作成したすべてのページに対して正規化URLを指定するために、canonicalによる正規化を実施しています。

 

canonicalによる正規化方法

次のタグを<head>〜</head>内に記述
<link rel="canonical" href="正規化URL" />

 

canonicalによる正規化ではなく301リダイレクトでもURLの正規化をできますが、301リダイレクトの場合は内容が重複しているすべてのURLを把握して設定しなければならず困難であるため、全ページにcanonicalで記述するようにしました。

 

審査合格に向けてやっておいた方が良いこと

Googleアドセンス審査合格の推奨事項

 

先にお伝えした「やるべき5つのこと」は必須でやっておく事項になりますが、以降ではなるべくやっておいた方が良いことをまとめます。
やらないと合格しないというわけではないと思っていますが、サイトの信頼性とユーザビリティ向上に繋がる部分はやっておくことをオススメします。
効率的に合格されたい方は、「やるべき5つのこと」をやった上でも不合格になった場合に、こちらの推奨事項を順にやってもらえたらと思います。

 

 

ちなみに本サイトでは今後の運営も視野に入れて、やっておいた方が良いことはこれを機にやってしまいました。
こちらの推奨事項も全て実施した上で審査に臨む方が合格的には確実だと思います。


 

推奨@ サイトの信頼性とユーザビリティ向上に繋がるページの作成

ユーザビリティ向上イメージ

 

Googleアドセンスの審査でどこまで見られているかは不明ですが、サイトの信頼性やユーザビリティの向上に繋がるページを作成します。
本サイトでは、具体的に次の4ページを作成しました。

 

サイト運営者情報(プロフィール)の作成

書ける範囲でいいので、なるべく詳しくサイト運営者の情報を記載します。
どこの誰か分からない人が書いている情報では信憑性が湧きませんし、サイトを訪れた人が気に入って運営者のことが気になっても、プロフィールがなければガッカリしてサイトから離れてしまうかもしれません。
プロフィールをきちんと書いていればサイト自体の信頼感が高くなり、プロフィールの内容に共感してくれた方がリピーターになってくれる可能性もあります。
書ける部分を見極めて、なるべくしっかり書くことをオススメします。

 

お問い合わせフォームの設置

訪問者がサイト運営者と連絡を取れる手段として、お問い合わせフォームを設置します。
これにより、訪問者が疑問に感じたことやクレーム、貴重なご意見などを受けることができます。
また、会社の担当者の目に留まることがあれば、思わぬ形で仕事が舞い込んでくることも。
連絡先としてメールアドレスを直で載せてしまうと迷惑メールの元になるので、お問い合わせフォームの設置が適切です。

 

免責事項の作成

免責事項は、訪問者にしっかりしたサイトだと思ってもらえるだけでなく、トラブルから自分を守るためにも作成することをオススメします。
具体的には、「情報の正確性」や「損害等の責任」「著作権や肖像権」などについて記載します。
コピーOKの雛形がありますので、それを探して自分のサイト用にカスタマイズすればOKです。

 

サイトマップ(html)の作成

サイトマップ(html)は作成しなくてもアドセンス審査には通ると思いますが、多少のユーザビリティの向上が期待できますので、なるべく作成しておきましょう。
たとえば、訪問者が記事を読み終わったときに、ページの最後にサイトマップが配置されていることで別の記事を読んでもらえる可能性が増え、離脱を防げる場合があります。

 

推奨A 価値の低いページへのnoindex記述、審査コードの未貼付

noindex記述イメージ

 

ユーザビリティ的には必要なのですが、Google的に価値の低いと扱われそうなページ(カテゴリページやお問い合わせフォーム、サイトマップなど)があります。
これらのページが検索エンジンにインデックスされないように、メタタグでnoindex記述をしておきます。

 

実のところ、こういったページをインデックス登録すべきか否かについては明らかになっていません。
私が考えるには、これらのページはユーザビリティのためにあるのであって、検索結果に表示される必要はないので、本サイトではnoindex記述するようにしています。

 

noindex記述した際は、Googleに通知するサイトマップ(xml)に登録しないようにご注意ください。
誤って登録してしまうと、Googleサーチコンソールのカバレッジに次のエラーとして表示されてしまいます。

  • 【エラー】送信された URL に noindex タグが追加されています

 

noindex記述方法

次のタグを<head>〜</head>内に記述
<meta name="robots" content="noindex">

 

また、同様の観点でこれらのページへの広告の表示も不適切だと考え、アドセンス審査コードは未貼付にしています。
審査時にどこまで見られているかは不明ですが、審査コードをすべてのページに貼付しなくても審査結果に影響ないことが分かりました。

 

推奨B 著作権などを侵害する恐れのある画像の削除

著作権

 

他人が撮影して掲載の許可をもらっていない画像などは、確実に権利を侵害するので使用してはいけません。
ここでお伝えしたいのは、侵害する可能性が少しでもある場合は使わないということです。
たとえば、自分で撮影した写真であればミッキーマウスが写っていても問題ないような気がしてしまいますが、厳密には著作権の侵害に当たります。
本サイトでは、著作権を侵害する可能性のある画像は削除し、自分で撮影・作成した画像かフリー素材のみを使用するようにしました。
とはいえ、ミッキーマウスの写真を使っているのにGoogleアドセンスの広告を掲載しているサイトもありますので、どこまで厳密に見られているかは不明ですが、危ない橋はなるべく渡らないことをオススメします。

 

まとめ

Googleアドセンスの審査に合格するために「やるべき5つのこと」、および「やっておいた方が良いこと」をお伝えしました。
2019年時点での審査は、自分のサイトのどの部分が悪くて不合格になったのかが分からない仕組みなので、やっている作業が意味のあることなのか不安になりますが、自分のサイトをより良くするためだと思って継続して取り組んでもらえたらと思います。



 このエントリーをはてなブックマークに追加 
このページの先頭へ戻る