Amazonアソシエイトの審査合格に向けてやるべき5つのこととは?

更新日:

Amazonアソシエイト審査でやるべきこと

 

Amazonアソシエイト(アフィリエイト)はブログやサイトを運営している人にとって、広告収入によりブログを収益化するためにぜひ取得しておきたいアカウントの1つです。
本サイトがAmazonアソシエイトの審査に真剣に取り組み始めてから、合格してアカウントを取得できるまでだいたい3ヶ月の時間がかかりました。
その間、何度も修正を続けてようやく辿り着いた審査突破のポイントや方法があり、本記事ではこの部分について分かりやすく解説したいと思います。

 

 

 

Amazonアソシエイトとは?

AmazonアソシエイトはAmazonのいわゆるアフィリエイトサービスで、審査に合格することでアカウントを取得でき、自分のブログやサイトにAmazonの広告や商品を表示できるようになります。
このAmazonアソシエイトの審査がかなり厳しく、やるべきことをしっかり実施しないと合格できません
始めたばかりのブロガーやアフィリエイターが収益化のために目指すもう1つの有名な手段としてGoogleアドセンスがあり、こちらはさらに難関だと言われてますが、このGoogleアドセンスの審査に合格したサイトでさえAmazonアソシエイトの審査に落ちることがあります。
ちなみに、後ほどお伝えしますが本サイトがそうでした。

 

審査合格を目標に必要な作業をやることでサイト自体がどんどん洗練され、ユーザビリティの高い優良サイトになっていくのでぜひチャレンジしてみてください。


 

審査合格に向けてやるべき5つのこと

Amazonアソシエイトの審査に合格するには、Amazonが定めている「Amazonアソシエイト・プログラム運営規約」に沿ったサイトの作成・運営をしていく必要があります。
そのためには多くの必要事項をクリアしないといけませんが、以降で本サイトにて実際に実施した審査突破方法を解説していきます。

@1,000文字以上の記事を10点以上作成

記事の作成

商品を紹介しようとしているサイトの記事があまりにも少なかったり、記事数はあっても文字数が少なかったりすると、それだけでサイトの信頼感が低くなってしまいます。
広告や商品を載せる価値のあるサイトだと思ってもらえるように、1,000文字以上の記事を最低10点以上作るようにしてください。
できれば、20記事以上が好ましいです。
ちなみに、本サイトは20記事の状態で合格しています。

A買い物履歴のあるアカウントで申請

ネットショッピングしている女性

Amazonアソシエイト審査の申請は、必ずAmazonでショッピング履歴があるアカウントで申請するようにしてください。
実際に買い物した履歴がないと合格できません。
何でも良いので一度買っておきましょう。

Bプライバシーポリシーの作成

個人情報保護

プライバシーポリシーとは、ウェブサイトで収集した個人情報の扱い方をサイト管理者が定めている規範のことです。
Amazonアソシエイトのアカウントを取得するには、個人情報の扱いを定めているプライバシーポリシーの設置が必須です。
コピーOKの雛形がありますので、それを探して自分のサイト用にカスタマイズすればOKです。
また審査申請時の段階で、Amazonアソシエイトを利用している旨をプライバシーポリシーに記載しておく必要があり、合格後に記載するのではダメですのでご注意ください。

C著作権などを侵害する恐れのある画像の削除

著作権

他人が撮影して掲載の許可をもらっていない画像などは、確実に権利を侵害するので使用してはいけません。
ここでお伝えしたいのは、侵害する可能性が少しでもある場合は使わないということです。
たとえば、自分で撮影した写真であればミッキーマウスが写っていても問題ないような気がしてしまいますが、厳密には著作権の侵害に当たります。
本サイトでは、著作権を侵害する可能性のある画像は削除し、自分で撮影・作成した画像かフリー素材のみを使用するようにしました。

D記事の内容がいつ時点の情報かを明記

現在の時間

サイトやブログで商品の価格や在庫を記載する場合は、その数字または状態がいつ時点の情報かを分かるところに明記します。
また本サイトでは念のため、ページのタイトル下にそのページの更新日も表示するようにしました。
ワードプレスを使っている方は更新日を簡単に表示することができますので、ググって設定してみてください。

実はこの対応が最後のキーポイントになって、ようやく合格することができました。

本審査に合格する前はGoogleアドセンスに合格、Amazonアソシエイトに不合格という状況でしたが、この情報を明記しただけであっさり通過!
ということで、この部分はGoogleアドセンスの審査では見られていませんが、Amazonアソシエイトの審査では必須なので、忘れずに明記するようにしましょう。
Amazonは有名で大きいショッピングサイトなので、価格や在庫といった可変的な情報を正確に伝えることも大事にしているのだと感じました。

(参考)この5つをやっても合格できない場合

これまでに審査合格に向けてやるべき5つのことをお伝えしましたが、他にも不適切と見なされる項目があります。
詳しくは「プログラム参加申請をお断りするサイト例」をご確認ください。
この中で自分のブログやサイトに当てはまる事項があったら、すぐに修正しましょう。
また、お問い合わせフォームを設置したら合格できたという報告もあるので、この5つをやっても合格できない場合は試してみてください。

 

 

どうしても審査に合格できない場合の代替手段

アフィリエイトイメージ

これまでにお伝えしたやるべき5つのことを実施しても、残念ながら別の要因で合格できないこともあるかもしれません。
そこで、Amazon商品をアフィリエイトできるのはAmazonアソシエイトだけではないので、他の手段についてお伝えしておきます。

 

他の手段とは、ASPに登録してASP経由でAmazonに提携申請する方法です。
大手のASPでは他の広告と同様にAmazonも扱っており、ASP経由の場合は提携審査はあるものの、Amazonアソシエイト審査ほど厳しくありません
ちなみに、本サイトはAmazonアソシエイトの審査に合格するまでは、「もしもアフィリエイト」のお世話になっていました。
おすすめは、大手有名ASPである「アフィリエイトA8.net」「もしもアフィリエイト」の2つです。
この2つのASPはAmazonだけでなく他にも数多くの案件を扱っているので、まだ登録していない方は登録しておくことをおすすめします。

 

\Amazonと提携できるASP/

 

Amazonアソシエイト限定で使えるウィジェット

では最後に、Amazonアソシエイトの厳しい審査に合格したサイトのみが掲載できる限定のウィジェットがあるのでご紹介しておきます。

 

サーチウィジェット

このウィジェットを使うと、サイトやブログにAmazon商品を検索できる機能を追加できます。
また検索ワードを決めておくことで、おすすめの商品リストを表示させることもできます。

 

 

お買い得ウィジェット

このウィジェットを使うと、サイトやブログにお好きなカテゴリーのお買い得情報を自動で表示させることができます。
残念ながら、スマホでは表示させることができません。

 

くるくるウィジェット(TM)

このウィジェットを使うと、お気に入りの商品をくるくると回って表示させることができます。
残念ながら、スマホでは表示させることができません。

 

スライドショー ウィジェット

このウィジェットを使うと、Amazonの商品カタログからお好きな商品をピックアップして、ショーケースのように並べることができます。
残念ながら、スマホでは表示させることができません。

 

 

このようにAmazonアソシエイトには訪問者の目を引く魅力的なウィジェットがたくさんありますが、残念ながらほとんどがスマホ未対応です。
これらのウィジェットを使いたい方は、審査合格に向けて頑張ってください!


 

まとめ

Amazonアソシエイトの審査に合格するためのやるべき5つのことをお伝えしました。
この審査はかなり厳しいのでこだわり過ぎる必要はないと思いますが、Amazonアソシエイトでしか掲載できないウィジェットもあるので、ぜひアカウント取得にチャレンジしてみてください。




このページの先頭へ戻る