自然に小銭貯金ができる!お金の上手な扱い方と小銭を持たない方法

更新日:

小銭貯金

 

みなさんは財布に小銭が貯まるとどうしていますか?
そのまま入れっぱなしにして使えるときだけ使っている方、会計時に出すのが面倒でなかなか使えず財布がパンパンになっている方、帰宅するごとに財布から出している方など様々ではないでしょうか。
お金には適切な扱い方というものがあります。

 

本記事では、節約生活をする上でぜひ取り入れてほしいお金の上手な扱い方と小銭を持たないためにやるべきことをまとめたいと思います。

 

 

 

お金の上手な扱い方

小銭

まずは、お金全般の扱い方について見ていきましょう。
僕がおすすめするのが、 適切な金額を最小の数量で持つということです。
もう少し具体的に言うと、多すぎもせず少なすぎもしない数日過ごせるくらいの金額を持って、中身はなるべくお札にして小銭は持たないようにします。

 

では、なぜ数日過ごせるくらいの金額を持って小銭は持たないのが良いのでしょうか。
順番にお伝えします。

数日過ごせるくらいの金額を持つ

お金を必要以上に多く持ちすぎていると、運悪く紛失してしまったときのリスクが大きくなります。
また、逆に少なすぎると探していた商品がたまたま見つかっても買えなかったり、外出中にお腹が減っても食事ができなかったりとやりたいことを自由にできない状況になってしまいます。
毎日お金を下ろすのも現実的ではないですよね。
そこで、多すぎも少なすぎもしない数日過ごせるくらいの金額を持ち歩くのが良いというわけです。
人によって金額は異なりますが、一般的には1〜2万円もあれば十分でしょう。
少なくなった時点で、お金を下ろして元の金額に戻します。

なるべく小銭を持たない

続いて2つ目についてです。
次の3つのメリットがあるため、小銭はできる限り減らして持たないことがおすすめです。

 

3つのメリット
メリット@ 財布の中がスッキリするため、お金の管理をしやすくなったりお金を出しやすくなる
メリットA 財布が軽くなって持ち運びやすくなる
メリットB 自然に小銭貯金ができる

 

たとえば総額で1万円を持っておく場合、財布にはお札だけを入れておくのが理想で、小銭などの少額なお金はできる限り減らした方が良いということです。
最近は多くのお店でキャッシュレス決済を利用できるようになってきたので、現金はほとんど持ち歩かなくても良いという方も多いかもしれませんね。

 

小銭を持たないようにするというのは内容的にはたいしたことではありませんが、思った以上にメリットがあります。
節約意識の高い人は実践していることの1つなので、みなさんもぜひ参考にしてみてください。

 

小銭を持たないためにやるべき3つのこと

小銭貯金

では続いて、小銭を減らして持たないためには具体的にどのように行動すべきかについて見ていきましょう。
やることは大きく3つで、どれも簡単にできるのでぜひ取り入れてみてくださいね。

@キャッシュレス決済を利用する

お金の支払いをする際にはクレジットカードやSuicaなどの電子マネー、PayPayなどのスマホ決済といったキャッシュレス決済を利用して、現金を使わないようにします。
現金を使わなければ、お釣りで小銭が増えることもありません。
また、キャッシュレス決済を利用すると、ポイント還元による節約や支払いをスピーディーにできるといった効率の面でのメリットもあります。

 

A小銭を優先的に使う

キャッシュレス決済に対応していない現金しか使えないお店で支払いをする際は、まず小銭入れを確認して小銭を使うようにします。
僕の親もそうなのですが、小銭を出すのが面倒なのでお札で支払うという方がいます。
その場合、複数回の買い物をすると財布が小銭で膨れて管理できなくなるだけでなく、小銭を使った場合よりもお釣りの金額が大きくなるため、お釣りの間違いにより損をするリスクも増えることになります。

B帰宅したら財布から小銭を出す(小銭貯金)

帰宅したら、財布をいつもの置き場に戻す前に小銭を出すようにしましょう。
小銭を入れる物は家に余っている入れ物を使っても100均で買ってきても何でもOKで、財布置き場の近くに置いておきます。
すると、この入れ物が小銭貯金箱になり、毎日自然と小銭貯金ができるようになるというわけです。
いっぱいになるまではけっこう時間がかかりますが、次の入れ物の例では3,000円弱くらい貯めることができますよ!

 

小銭の入れ物例

小銭貯金の例

 

僕は50円玉以上の銀貨を高額な扱いにしているので、10円玉以下を入れています。100円玉まで入れてしまうと、財布からすぐにお金がなくなってしまうのでご注意ください!


 

まとめ

お金は数日過ごせるくらいの金額を持って、小銭を持たないようにするのがおすすめです。
小銭を持たないようにすると、お金の管理をしやすくなったり、財布を持ち運びやすくなったり、自然と小銭貯金ができたりします。
そのためには、キャッシュレス決済の利用や小銭の優先的な使用、帰宅したら財布から小銭を取り出すという3つのことを習慣化できると良いです。




このページの先頭へ戻る