パートの有無で大差がつく!貯金するには共働きがやっぱり強い理由

更新日:

仕事のイメージ

 

いきなりですが、みなさんのご家庭では共働きをしていますか?

 

うちは夫の収入だけで問題なく生活できているので、このままで十分だと思ってます。まだ子供が小さいからパートしかできないし、やっても数万円しか稼げないから大差ないと思います。


 

最近、共働きの家庭が増えてきたとはいえ、まだこのような家庭は多いのではないでしょうか。
お子さんが小さいなどの働けない状況であれば仕方ありませんが、働ける状況なのに働かないというのは家計的にはもったいない状態になってしまいます。

 

本記事では、共働きをおすすめする理由とパートをやっている場合の将来の貯蓄効果についてまとめたいと思います。

 

 

 

共働きをおすすめする理由

収入アップ

別記事の「貯金するには節約が大事!収入アップより節約を優先すべき理由とは?」で、お金を貯めるためには収入アップよりも節約を優先した方が良いとお伝えしていますが、働いていなかった人が働く場合は違ってきます。
すでに一定の収入をもらっている状態から増やすのはなかなか難しいですが、ゼロからであれば生活レベルに影響を与えるくらいの金額を増やすことができます

 

もしかしたら、さきほどの例のように月に数万円では大差ないと感じるかもしれませんが、月収で見ると少なく感じる場合でも、将来的な目線で見ると実は手元に残るお金が大きく変わることになるんです。
たとえば、片方の収入だけで家計のやりくりができる家庭の場合は、パートナーが働くことによってその収入をそのまま貯金やローン返済などにあてることができるからです。
そのため、共働きができる環境にある場合は片方だけが働くのではなく、なるべく夫婦共に働くことをおすすめします。

 

ここで共働きと言っても、必ずしもフルタイムで働く必要はありません。
フルタイムでの共働きができればなお良いですが、家庭の事情や環境によっては難しい場合も多いと思います。
その場合は、パートや在宅ワークなど何でもOKです。
うまく時間を作って、少しでもできる限りお金を稼ぐようにできると良いですね。

 

パートの有無で将来こんなに貯蓄の差ができる

パートタイムワーク

では、パートをやっている場合とやっていない場合では実際にどのくらいの差ができるのでしょうか。
具体例として、2つのケースでシミュレーションしてみたいと思います。

ケース@ 旦那さんの収入でピッタリやりくり

1つ目のケースは、旦那さんの収入だけを使ってちょうど家計をやりくりし、奥さんのパート収入は手を付けずにそのまま残る場合です。
条件は次のとおり。

 

シミュレーション条件
旦那さんの手取り年収 400万円
奥さんのパート月収 5万円
年間の支出状況 400万円

→旦那さんの収入で足りないことも残ることもなくピッタリやりくりできており、今後も同様

 

シミュレーション結果
パート有無 10年後に残る貯蓄
パートなし 0円 × 12ヶ月 × 10年 = 0円
パートあり 5万円 × 12ヶ月 × 10年 = 600万円

 

つまり、月収5万円のパートをやっている場合、仮に同じ生活(旦那さんの収入だけでやりくり)を続けていれば、10年後に600万円ものお金が手元に残っている計算になります。

 

続いて、2つ目のケースを見ていきましょう。

 

ケースA 高収入で高支出

2つ目のケースは、旦那さんの収入が多いためその分生活レベルも高く出費も多い場合です。
条件は次のとおり。

 

シミュレーション条件
旦那さんの手取り年収 650万円
奥さんのパート月収 5万円
年間の支出状況 600万円

→毎年50万円を貯金できており、今後も同様

 

シミュレーション結果
パート有無 10年後に残る貯蓄
パートなし 50万円 × 10年 = 500万円
パートあり 500万円 + 5万円 × 12ヶ月 × 10年 = 1,100万円

 

この条件のケースでは、パートをしていれば贅沢な生活を続けていても、貯蓄金額を倍以上にすることができるということです。

 

この2つのケースを通してお伝えしたいことは、現状の収支がゼロ以上の家計であれば、追加で稼いだ分はそのまま貯蓄に回せるということです。
このお金をローン返済にあてたり、貯金しておいて将来必要になる子供の教育資金や老後の生活費などに使うことができます。
貯蓄を増やすことは簡単なことではないので、それを実現できる共働きはとても大きな効果があると言えますね。

 

今回はパートを例にしてシミュレーションしましたが、パートナーがお金を稼げれば手段は何でも構いません。
短期的に見ると大きな収入ではなくても、それを長い期間続けることで将来大きな貯蓄として残ることが分かると思います。

 

\女性のための求人・転職サイト/

 

\短期・単発OK!パートやバイトはこちら/

 

まとめ

すでに一定の収入をもらっている方がさらに増やすのは難しい場合が多いですが、ゼロからであればそこまで難しくありません。
フルタイムでの仕事ができなくても、パートや在宅ワークでOKです。
共働きができる環境の場合は、将来の貯蓄金額に大きな差ができるので、上手く時間を作って夫婦で働くようにすると良いですよ。




このページの先頭へ戻る