最強の節約は固定費の削減!保険見直しのポイントとおすすめ方法まとめ

更新日:

保険

 

みなさんは固定費の見直しを定期的にやっていますか?
固定費は毎月必ず必要になるお金なので、固定費の削減はとても効果の高い最強の節約術になります。

 

本記事では、固定費の1つである保険料の見直しをする際に理解しておくべきポイントとおすすめの見直し方法についてお伝えしたいと思います。
生活費の大きな部分を占める固定費を減らして、家計をスリム化しましょう。

 

 

 

固定費を減らすメリットと節約効果

固定費のイメージ

保険料の話に入る前に、まずは固定費を減らすことの大切さについてお伝えします。
固定費とは、電気やガス代、水道代、携帯電話・インターネット回線などの通信費、保険代などの “毎月必ずかかり変動の少ない費用” のことです。
生活する上で最も身近な費用ですね。
固定費はある程度かかってしまっても仕方がないと考えている方も多いかもしれませんが、固定費を減らすと大きなメリットと効果があります。

 

そこで、まずはメリットから見ていきましょう。

2つのメリット

固定費を減らすことで、大きく次の2つのメリットがあります。
1回限りで終わってしまう節約術と比べて、大きなメリットがあることが分かってもらえると思います。

メリット@ 一度減らしてしまえば、その後は何もしなくても毎月同じ金額を自動的に節約できる
メリットA 今後ずっと必要になるお金であるため、少し減らすだけで大きな節約効果になる

 

このように固定費の削減は大きなメリットがあるので、ぜひみなさんにやってもらいたい節約術なのですが、特に次の条件に当てはまる方は優先的にやってもらいたいと思います。

優先的に取り組んでもらいたい方
  • お金を節約したいけど、なかなか続けられないという方
  • 細かい節約は苦手という方

 

約1,000万円の節約効果

節約イメージ

固定費を減らすと大きな節約効果があることをお伝えしましたが、では具体的にどのくらいの金額を節約できるのか計算してみたいと思います。
たとえば、それぞれの固定費を見直して1ヶ月分で次の金額を節約できたと仮定します。

 

見直し後の1ヶ月あたりの削減金額
種別 削減金額
電気・ガス 1,000円/月
水道 500円/月
通信 1,000円/月
保険 15,000円/月

合計

17,500円/月

 

このように1ヶ月あたり 17,500円 を節約できたとすると、残りの人生が仮に残り50年あるとした場合に、単純計算で次の金額を節約できることになります。

 

残りの人生で節約できる金額
期間 節約金額
1年 17,500円×12ヶ月 = 210,000円
残りの人生(50年) 210,000円×50年 = 10,500,000円

 

単純計算で老後に約1,000万円のお金が手元に残ることになるので、固定費削減の節約効果はとても大きいことが分かりますね。

 

節約効果を高くするためのポイント

節約効果を高くするためには、固定費の見直し作業を “できる限り早くやる” ことと “定期的にやる” ことの2つがポイントになります。
なるべく意識できると良いですね。

できる限り早くやる

当たり前ですが、人生の早いうちからやっておくとその分だけ節約金額が増えるので、できる限り早めに見直しをするのがおすすめです。
これから結婚する方は、結婚のタイミングで夫婦お互いの見直しをすると良いです。

定期的にやる

電気・ガス代でも通信費でも保険料でも、そのときの環境によって適切なプランは変わります。
現在契約しているプランが本当に必要な内容なのかを定期的にチェックして、そのときに最適なプランへ変更することをおすすめします。
特に保険料は大きな節約ができる可能性があるので、優先的にやると良いです。
少なくても、出産や住宅購入などの大イベント後は環境が大きく変わるので、そのタイミングでは見直しをするようにしましょう。

 

 

保険料の見直しをする際のポイントとおすすめの方法

コストカット

これまでに固定費の削減についてお伝えしましたが、以降から保険料の話に入っていきたいと思います。
みなさんは保険や共済にはどの程度加入していますか?

 

私は親の影響で、かなり多くの保険に加入しています。少し多すぎかなとも思いますが、備えあれば憂いなしと考えてそのままにしています。


 

日本人は安定志向の強い方が多いので、このような方は多いのではないでしょうか。
たしかに保険は加入しておくだけで安心を買うことができます。
ですが、節約の観点では過剰な出費は適切ではないので、現在の環境で必要といえる保障に対してのみお金を払うようにすべきです。

 

理解しておくべき3つのポイント

保険見直しイメージ

では、実際に保険の見直しをやる前に理解しておいた方が良いポイントがあるので、以降で簡単にまとめます。

 

理解しておいた方が良いポイント
ポイント@ 種類は “保険” と “共済” 2つがある
ポイントA 保険には “掛け捨て型” と “貯蓄型” がある
ポイントB 家庭の環境に合った必要最低限の保障にする

 

さっそく順番に見ていきましょう。

@種類は “保険” と “共済” の2つがある

本記事では何かしらの損害に対して保障してくれるサービスのことを一概に保険と表現していますが、正確には “保険” と “共済” の2つがあり、それぞれの特徴は次のとおりです。

 

保険と共済の特徴
保険 営利目的でサービスを提供しており、加入者のニーズに応じたサービスが充実している。しかし、その分支払う金額は高い傾向にある。
共済 助け合いの精神で運営されているため、利益は組織運営に必要な分を出す程度であり、サービス内容は保険ほど充実していない。そのため、支払う金額は安い傾向にある。たとえば、都民共済などは剰余金が出ると加入者に還元してくれる。

 

つまり、保険はサービスの種類が豊富で手厚いため支払い額が高く、共済は安くなります。
これらの違いをしっかり理解した上で、家庭の環境に合う適切な方を選ぶようにしましょう。

 

A保険には “掛け捨て型” と “貯蓄型” がある

支払う保険料の扱い方法には “掛け捨て型” と “貯蓄型” の大きく2つのタイプがあり、保険は両方、共済は掛け捨て型しかありません。
貯蓄型は保険にしかなく、資産形成も同時に行いたいという方にはおすすめですが、その分毎月支払う金額はかなり高額になります。
資産形成はより適切な別のサービスでやった方が良いので、支払い額の安い掛け捨て型がおすすめです。

 

保険料の2つのタイプ
タイプ 取り扱い 概要
掛け捨て型 保険/共済 支払い額には損害に対する保障の料金しか含まれていないため、実際に損害が発生しなければ捨てることになる
貯蓄型 保険のみ 支払い額に貯蓄のためのお金も含まれており、解約時に積み立てたお金+αが返ってくる

 

B家庭の環境に合った必要最低限の保障にする

保険や共済は将来のリスクや不安に対する備えであり、実際に起こるか分からない事象に対して、お金を過剰に掛け過ぎる必要はありません。
安全に対する意識が高すぎるという意味で「石橋を叩いて渡る」ということわざをよく耳にしますが、本当に石橋を叩いている人はいないと思います。
また、現在は元気なのに明日死ぬかもしれないと不安になって、遺書を持ち歩いているなんて人もまずいないでしょう。
同じ意味合いで、保険の掛け過ぎは無駄になる可能性が高いので、この保障は必要だと言い切れるもののみ加入すると良いです。

確率は低いとはいえ、想定していない不幸が起こる可能性ももちろんあります。
ポイントはそこを割り切れるかどうかなので、割り切れない方は必要な保障だと考えましょう。
僕は「起きたら起きたでそのときだ!」と割り切ってます。

 

おすすめの見直し方法

保険見直し

続いて、保険の見直し方法についてお伝えします。
僕がおすすめする方法は2つあって、プロに相談する方法とコスパの良い共済を中心に自分で見直す方法です。

 

おすすめの2つの方法
方法 適している方
@餅は餅屋!プロに相談する

●あまり詳しくない方
●効率的に見直したい方

Aコスパの良い共済を中心に自分で見直す

●知識がある程度ある方
●時間的余裕のある方
●徹底的に節約したい方

 

ではさっそく、1つ目から見ていきましょう。

@餅は餅屋!プロに相談する

保険は多くの会社から様々なサービスが提供されているので、どのサービスが自分の環境に合っているか分からなかったり、そもそも見直しのやり方が分からなかったり、じっくり見直しをしている時間がないという方も多いと思います。
その場合はプロに相談するのがおすすめで、やっぱり餅は餅屋ですよね。

 

保険相談を受けるサービスは数多くありますが、僕のおすすめは “保険見直しラボ” です。
相談するのに手数料などは一切かからず、加入を強制されたり押し売りされたりということもまったくないので、一度気軽に話を聞いてみるだけでも参考になると思います。
必要な時間は1〜2時間くらいで、見直しだけでなく新規加入の相談でもOKです。

 

保険見直しラボに相談するメリット
メリット@ 32の保険会社の中からオーダーメイドで自分に合ったプランができる
メリットA 同じ保障内容でも安くなることが多い
メリットB 無料で何度でも相談できる
メリットC 強引な勧誘はないので納得できない場合は気軽に断れる
メリットD 業界経験年数が平均12年と経験豊富なベテランコンサルタントが揃っている
メリットE 店舗型ではなく訪問型なのでお好きな指定した場所で相談できる

 

\無料で何度でも気軽に相談できる/

 

保険料節約なら、保険見直しラボで無料相談!

 

Aコスパの良い共済を中心に自分で見直す

時間的余裕のある方や徹底的に節約したいという方は、コスパの良い共済を中心に自分で見直すのがおすすめです。

 

自分でやるといってもなかなか難しいので、僕が結婚したときにやった我が家の例を参考としてご紹介したいと思います。
個人の主観がかなり入っているので、参考程度にしてくださいね。

 

我が家の保険見直し例

まず初めに、僕は「お金を払う = 同等の対価をもらう、あるいは投資」と考えているので、保険や共済にはあまりお金を使いたくないという思いがあります。
また保険会社もボランティアではなく営利企業であり、実際にかなりの利益を上げていることからも、投資という観点にはマッチしないと考えています。

 

そこで、僕が見直しの際に大事にしたポイントは次の3つです。

 

保険見直しで大事にしたポイント
ポイント@ コスパの良い共済をメインにする
ポイントA 必要な保障以外のサービスは解約する
ポイントB 若い頃から加入している保険は支払い額が安いので見直した上で継続する

 

この3つのポイントをベースに見直しを行った結果、保険の種別は “医療” と “生命” の2つのみに絞り、次の結果になりました。

 

保険見直し結果
対象 医療 生命
自分 都民共済 会社の組合共済と都民共済の組合せ
結婚前から契約していた保険を見直して継続 結婚前から契約していた保険をそのまま継続
子供 都民共済 都民共済

 

医療と生命以外を不要とした理由
種別 理由
年金 子供の教育や住宅購入などお金が必要なのは若い頃であり、老後の自分たちのお金よりもこれらのお金の確保を優先すべき
火災 購入した住宅がマンションなのでリスクが低い
地震 購入した住宅が耐震マンションなのでリスクが低い

 

 

ちなみに、購入住宅が一戸建てでも火災や地震については、「起きたら起きたでそのときだ!」と割り切って加入しなかったと思います。


都民共済は東京都民か東京都に勤務地のある方だけが加入できますが、他にお住いの方でもそこの都道府県民共済(たとえば、神奈川県では全国共済)に加入できるので、候補の1つとして検討してみてください。

 

まとめ

保険や共済はお金を儲けるためではなく将来のリスクや不安に対する備えのために加入するので、現在の環境で必要といえる保障に対してのみお金を払うようにしましょう。
おすすめの見直し方法は、プロに相談する方法とコスパの良い共済を中心に自分で見直す方法です。
プロに相談する場合は “保険見直しラボ” がおすすめで、無料で何度でも気軽に相談できます。
また共済については、出費に対する見返りという観点で “都民共済(県民共済)” がおすすめです。

 




このページの先頭へ戻る