贅沢なのに安い!格安で楽しい旅行ができるおすすめの方法とは?

更新日:

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

綺麗な海

 

みなさんはどのくらいの頻度で旅行してますか?
毎日の仕事や家事・育児に追われて溜まった疲れを癒すために、定期的に旅行してリフレッシュしたいと思う方は多いのではないでしょうか。

 

私も旅行が好きで良く行くのですが、リフレッシュできるだけでなく明日への活力も満たしてくれますし、家族の関係も良好になり、とてもいいものですよね。


そんなメリットの多い旅行ですが、デメリットとしてはやっぱりお金がかかる点です。
少し大きめの旅行をしてしまうとかなりの出費になってしまい、好きなときに好きなところへ行っていたのではお財布が持ちません。。。

 

そこで、なるべく旅行の質を落とさず安くするために、今まで色々なやり方を試してきましたので、そのノウハウとおすすめの方法をまとめたいと思います。
贅沢なのに安い旅行を実現するためのポイントは、旅行の中身を次の2つに分けて検討し、それぞれを安くすることです。

  • 宿や移動手段などの旅行プラン
  • 観光やレジャーなどの旅行先で楽しむ手段

それぞれについて、おすすめの方法をお伝えします。

 

 

旅行代を安くするポイント@ 旅行プランのおすすめの決め方

ホテルの部屋

まずは、次の旅行でどこに行ってどこに泊まるかという旅行の柱となる部分を決めます。
旅行の質を落とさずになるべく安い旅行をするためには、次の順番で検討すると効果的です。
ちなみに、この順番は私が節約効果が高いと思うおすすめの順番というだけなので、みなさんの趣味や考え方で入れ替えたり、偏ってもぜんぜんOKです。
この3つのやり方の中から選ぶようにすると、贅沢な旅行をしながらも旅行代を安くすることができます。

会社の福利厚生で使える保養所や提携宿泊施設を利用する

温泉

健康保険組合が運営している保養所や会社が提携している宿泊施設がある場所から選ばないといけないので、旅行先は限られてしまいますが、1人数千円割引の優待価格で利用することができます。
ご家族が多い場合は、旅行代をかなり安くできますのでおすすめです。
ちなみに私は、主に次の目的で使っていて、年に3〜4回利用しています。

  • 両親に温泉でゆっくりしてもらう
  • 自分と妻の両親を招待して、両家の懇親を深めてもらう
  • 夕食で個室を予約して、子供の誕生日お祝い会をする

詳しくは「使わないともったいない!会社の福利厚生」でお伝えしていますので、よかったらご覧になってください。

ふるさと納税の返礼品を宿泊代として使える宿泊施設を利用する

ふるさと納税イメージ

ふるさと納税でもらう返礼品は、現金の換わりとして使うのが節約の観点では最適です。
たとえば、返礼品として「くさつ温泉感謝券」などの宿泊代として利用できるチケットをもらって、草津温泉に行くなどがおすすめです。

詳しくは「返礼品をもらって節税「ふるさと納税」」でお伝えしていますので、よかったらご覧になってください。

 

ちなみに、ふるさと納税ができるサイトは数多くありますが、節約の観点では楽天スーパーポイントの還元が受けられる「楽天ふるさと納税」がおすすめです。


私はコチラから申し込みましたよ。

 

クラブオフサービスの割引対象ツアーを利用する

旅行イメージ

クレジットカードの特典であるクラブオフサービスを使うと、大手旅行会社が提供しているパッケージツアーを格安で利用することができます。
多くの旅行会社がこのサービスの対象になっていて、お好きなパッケージツアーの中から選ぶことができ、最大10%割引で安く旅行できます。
ちなみに私は、飛行機を使うような大きめの旅行で使っていて、年に2回程度お世話になっています。

詳しくは「お得な法人会員制クラブ「クラブオフ」」でお伝えしていますので、よかったらご覧になってください。

 

 

旅行代を安くするポイントA 旅行先で安く楽しむおすすめの手段

観光

宿泊施設や移動手段などの旅行プランが決まったら、次は現地で楽しむ観光やレジャー・エンタメを決めます。
旅行雑誌やおすすめの観光名所を紹介しているホームページなどで、楽しむ場所や施設を決めましょう。
何をして楽しむかが決まったら、次は安くお得にするためにクーポンや優待サービスを探します。
クーポンや優待サービスは手軽に簡単に取得できるのに、節約効果が高いのでおすすめです。
安いクーポンや優待サービスをゲットするためのおすすめの手段は、他でもご紹介してきた「クラブオフ」とベネフィット・ステーションなど「パッケージサービス」の2つです。

安く楽しむおすすめの手段1 クラブオフ

旅行プランの決め方でもご紹介したクラブオフですが、観光やレジャー・エンタメのクーポン探しにも大活躍します。
特別な会員限定のサービスのため、多くの施設で利用できる割引率の高いクーポンがたくさん揃っています。

安く楽しむおすすめの手段2 パッケージサービス

会社の福利厚生サービスでパッケージサービスが導入されている場合は、こちらもクラブオフと同等かそれ以上に観光・レジャー代を安くすることができます。
パッケージサービスは多くの施設で利用できる割引クーポンがあることに加えて、このクーポンより割引率が高い優待サービスも利用することができます。
ただし、こちらは事前に決済が必要になりますので、利用の際はご注意ください。

詳しくは「使わないともったいない!会社の福利厚生」でお伝えしていますので、よかったらご覧になってください。

その他の手段

観光・レジャー代を安くするための他の手段としては、誰でも使いやすい次のサービスがあります。
ここでは例として2つ挙げますが、他にも多くあると思います。

  • JAF会員になると使える「JAFナビ
  • 携帯電話会社が提供しているクーポンサービス(docomoであれば「スペシャルクーポン」など)

まとめ

贅沢・楽しい・安い旅行をするためには、「旅行プラン」と「旅行先で楽しむ手段」の2つに分けて、それぞれを安くすることがポイントです。
旅行プランの決め方については、「会社の福利厚生で使える保養所や提携宿泊施設」「ふるさと納税の返礼品を宿泊代として使える宿泊施設」「クラブオフサービスの割引対象ツアー」の3つがおすすめです。
旅行先で楽しむ手段については、クーポンや優待サービスを使うと簡単に旅行代を節約することができ、割引率が高い「クラブオフ」と「パッケージサービス」の2つがおすすめです。


 このエントリーをはてなブックマークに追加 

このページの先頭へ戻る