iPhoneのバッテリー(電池)を正規店で交換する方法と手順まとめ

更新日:

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

iPhoneバッテリー

 

みなさんはiPhoneのバッテリー(電池)がへたってきて、減りが早くなってきたときにどうされていますか?
まだ使えるのにもったいないなーと思いながらも、仕方なく新しい機種に変更する方も多いのではないでしょうか。
iPhone自体に不具合が発生している場合を除き、バッテリーがへたってきただけであればバッテリー交換するのがおすすめです。

 

一昔前は、Apple Storeや正規サービスプロバイダでバッテリー交換をすると、本体を買うのとそこまで変わらないくらいお金がかかると言われていました。
ところがAppleサポートの充実により、2019年から低価格で正規に交換することができるようになりました。
本記事では、バッテリー交換をする時期の目安やおすすめの交換方法、手順などについてまとめているので、これからバッテリー交換を検討されている方は参考にしてもらえたらと思います。

 

 

 

iPhoneのバッテリー交換をする時期の目安

バッテリー交換目安

バッテリー交換をすべきかどうかのチェックは、バッテリーの最大容量を確認することで分かります。
この値が80%以下になると電池の持ちだけでなくパフォーマンスの低下も発生するため、Appleでは交換推奨ということになっています。

 

私のiPhone7は最大容量が83%の状態でも、電池の持ちがかなり悪くなっていたので交換することにしました。
AppleStoreのスタッフさんが言うには、80%以下になると普通に使えない状態、85%以下で十分劣化していて交換推奨の状態とのことでした。
では、バッテリー最大容量の確認手順を見ていきましょう。

 

バッテリー最大容量の確認手順
  1. まずiPhoneの「設定」から「バッテリー」をタップします。
  2. 最大容量確認@

  3. 「バッテリーの状態」をタップします。
  4. 最大容量確認A

  5. 次に表示される「最大容量」の値を確認します。表示例では98%です。
  6. 最大容量確認B

 

以前はこの値が一定以下でないと交換してもらえなかったようですが、2019年以降は有償であれば交換してもらえます。
85%はあくまで目安なので、それ以上でも気になる方は交換できますよ!


 

 

iPhoneのバッテリーを交換できる2つの方法

修理者イメージ

バッテリー交換は正規店で格安でできるようになったので、非正規店ではなく正規店で依頼するようにしましょう。
交換するための方法には「持ち込み修理」と「配送修理」の2つの方法があり、おすすめは当日に完了する持ち込み修理です。

持ち込み修理 【おすすめ】

Apple Store(Genius Bar)や正規サービスプロバイダに持ち込んで、専門のスタッフに交換してもらいます。

Genius Barとは?

Genius Barとは、Apple Storeに併設されており、Apple製品のテクニカルサポートや修理対応をしてくれる場所です。
スタッフはApple製品に対する専門知識を持ったプロばかりなので、信頼して何でも相談できます。

Genius Barや正規サービスプロバイダがある場所は、「Appleサポート」から確認できます。
たとえば、東京では次のお店に入っています。

ビックロ ビックカメラ 新宿東口店、Apple 新宿、ビックカメラ 新宿西口店、Apple 表参道、Apple 渋谷、ビックカメラ 渋谷東口店別館、カメラのキタムラ 渋谷ヒカリエ シンクス店、ビックカメラ 赤坂見附駅店、カメラのキタムラ 池袋マルイ店、ビックカメラ 池袋店パソコン館、ビックカメラ 有楽町店、Apple 銀座、クイックガレージ 東京駅前、Bic Mac Collection 秋葉原店、クイックガレージ 秋葉原 などなど

 

私のiPhone7は、Apple 新宿で交換してもらいました。
予約しておけばiPhoneを渡してから数時間で終わるので、持ち込み修理がおすすめです!


 

持ち込み修理の流れと予約手順

続いて、持ち込み修理をするための手順をお伝えします。
簡単にできますので、しっかり予約してから当日店舗に向かいましょう。

  1. まず「Appleサポート」にアクセスして、バッテリー交換する対象のiPhoneをタップします。
  2. 「バッテリーと充電」をタップします。
  3. 持ち込み修理手順@

  4. 「バッテリー交換」をタップします。
  5. 持ち込み修理手順A

  6. 「持ち込み修理」をタップします。
  7. 持ち込み修理手順B

  8. 店舗を検索する画面になるので、「ストアを検索」に住所や駅名などを入力して「検索」ボタンをタップします。
  9. 持ち込み修理手順C

  10. 店舗の候補が表示されるので、行きたい店舗をタップします。すると予約可能な時間がポップアップで表示されるので、ご都合の良い時間を選択します。タップした時点で予約完了になりますので、ご注意ください。
  11. 持ち込み修理手順D

  12. 予約できたら、念のため表示される内容に沿って「データのバックアップ」をやっておきましょう。
  13. 当日になったら、バッテリー交換で予約している旨をスタッフに伝えてiPhoneを預けます。
  14. 作業完了時間を伝えられるので、その時間になったらまた来店します。通常なら1〜2時間くらいで作業が完了します。
  15. iPhoneを受け取って、支払いを済ませて完了です。

配送修理

Apple指定の宅配業者が集荷に来て、Appleリペアセンターへ配送して交換してもらいます。
交換にかかる時間はそのときの混み具体にもよりますが、通常5〜7営業日以内で完了します。
一週間くらいiPhoneのない生活をしないといけないので、こちらの方法はあまりおすすめしません。

 

iPhoneのバッテリー交換にかかる料金

バッテリー交換にかかる料金は、お使いのiPhoneのモデルによって違っていて次のとおりです。

iPhone X、iPhone XS、iPhone XS Max、iPhone XR

7,800 円

iPhone SE、iPhone 6、iPhone 6 Plus、iPhone 6s、iPhone 6s Plus、iPhone 7、iPhone 7 Plus、iPhone 8、iPhone 8 Plus

その他すべてのモデル

5,400 円

※2019年7月30日時点

 

少し前のモデルであれば、5,400円を払うだけで正規店でバッテリー交換することができます。
配送修理の場合は、別途送料が必要になります。

 

機種変更した場合に比べて、大きな節約ができますよ!
私は不具合が出るまで、バッテリー交換していきたいと思ってます。


ちなみに、お使いのiPhoneがApple製品限定保証やAppleCare+の保証対象である場合は、無料でバッテリーを交換してもらえます。対象の場合は積極的に交換しましょう。

まとめ

iPhoneのバッテリー交換は、最大容量が85%以下になったら正規店で実施すると良いです。
バッテリー交換の方法には持ち込み修理と配送修理の2つがあり、iPhoneが当日返ってくる持ち込み修理がおすすめです。
料金は新モデルなら7,800円、旧モデルなら5,400円と格安です。
iPhone自体に不具合がないようであれば、積極的にバッテリー交換しちゃいましょう。


 このエントリーをはてなブックマークに追加 

このページの先頭へ戻る