固定費の見直しは節約効果大!具体的な節約効果とは?

更新日:

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

固定費イメージ

 

お金を節約して貯金するためには、日々の細かい節約を積み重ねることが大切ですが、毎日続けていくことは時間的にも気持ち的にも難しい場合があります。

 

 

少しでも貯金できるように節約生活を始めましたが、なかなか定着できず三日坊主になってしまいました。


 

このように、節約はしたいけどなかなか続けられない!という方は多いと思います。
そこで細かい節約は苦手という方に、ぜひやっていただきたいのが「固定費の見直しによる出費削減」です。もちろん、そうでない方にもオススメです。

 

固定費とは?

「電気代」「ガス代」「水道代」「携帯電話やインターネット回線などの通信費」「保険代」などの毎月必ずかかる費用のことです。

 

固定費削減のメリットとは?
  • 一度減らしてしまえば、その後は何もしなくても毎月同じ金額を自動的に節約できる
  • これからずっと必要になるお金のため、少し削減するだけでとても大きな節約効果になる

 

このように固定費の削減は、1回限りで終わってしまう節約方法に比べて大きなメリットがあります。
生活費の大きな部分を占める固定費を減らして、家計をスリム化しましょう。

 

それぞれの固定費の見直しや削減方法については、別記事でまとめていますのでよかったらご覧になってください。
電気・ガス代の削減」「保険の見直し

 

固定費削減の具体的な節約効果とは?

節約イメージ

 

固定費を減らすと大きな節約効果があることをお伝えしましたが、では具体的にどのくらいの金額を節約できるのかについて見ていきましょう。

 

たとえば、それぞれの固定費を見直して、1ヶ月分で次の金額を節約できたと仮定します。

電気、ガス 1,000円/月
保険 15,000円/月
携帯電話、インターネット回線 1,000円/月
水道 500円/月
合計 17,500円/月

 

1ヶ月で「17,500円」のお金を節約できたとすると、残りの人生があと50年あるとした場合に、単純計算で次の金額を節約できることになります。

 

1年間で節約できる金額 17,500円×12ヶ月 = 210,000円
残りの人生で節約できる金額 210,000円×50年 = 10,500,000円

 

つまり、老後に1,000万円近くのお金が手元に残る計算になるので、固定費削減の節約効果はとても大きいことが分かります。
当たり前ですが、早くからやっておくとその期間の分だけ節約ができますので、早めに手を付けるのがオススメです。

 

また、特に保険料は大きな金額を節約できる部分になるので、現在契約しているプランが本当に必要な内容なのかを定期的に検討して、そのときの環境に合った最適なプランに変更することをオススメします。
2〜3年に1度はやってもらいたいですが、5年も経てば環境が大きく変わる可能性があるので、少なくても5年に1回は見直すようにすると良いです。

 

まとめ

固定費は一度削減してしまえば、その後は毎月同じ金額を自動的に節約できます。
また、これからずっと必要になるお金であるため、少し削減するだけで将来の大きな節約に繋がります。
固定費の中でも保険料は特に大きな節約効果があるので、定期的に見直しましょう。



 このエントリーをはてなブックマークに追加 
このページの先頭へ戻る