節約の基本!クレジットカードのメリットとおすすめのクレカを解説

更新日:

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

クレジットカード

 

みなさんはクレジットカードを持っていますか?
また持っているだけじゃなく、しっかり使っていますか?
最近はスーパーやコンビニ、ネットショップなど多くのお店で、使うことができます。

 

私はずっと現金派なんですよね。実際に現金で払わないとお金を使った気がしなくて。


クレジットカードはだいぶ普及してきたとはいえ、まだこのような方も多いんじゃないかと思います。
実際にコンビニなどでも、小銭を出して支払いをしている方がかなり多いように感じます。
クレジットカードで支払いをすることは、節約術のすべてのベースであり基本中の基本になると考えていますので、数ある節約術の中でも優先してやってもらいたい内容になります。

 

本記事では、「クレジットカードを使うメリット」と「おすすめのクレジットカード」について解説します。
メリットをお伝えする前に、まずはクレジットカードを使って支払う方法についてお伝えしておきますね。

 

クレジットカードを使って支払う方法

電子マネーチャージ

クレカで支払いをするためには、主に次の2つの方法があります。

  1. クレカをそのまま使う
  2. クレカからチャージ(※)するタイプの電子マネーを使う

※チャージとは、実際のお金を電子マネーの形でカードやアプリに移すことです。

 

どちらの方法でもクレジットカードで支払ったことになりますので、以降ではこの2つの方法を前提にしてお伝えします。

電子マネーには、「Suica」や「PASMO」「楽天Edy」「WAON」「nanaco」といったサービスがあり、現在加速的に普及が進んでいて、多くの様々なお店で使えるようになっています。

 

 

 

クレジットカードと電子マネーを使うメリットとは?

メリット

この2つの方法で支払いをすると4つのメリットがあるので、それぞれについてまとめたいと思います。

メリット@ ポイントによる還元

クレジットカードや電子マネーで支払うとポイントを貯めることができ、支払額の0.5〜1%程度が還元されます。
このポイントを使うことで、「様々な商品」をゲットできたり、「キャッシュバック」で現金が返ってきます。
たとえば、年間200万円使った場合、1%還元のカードであれば2万円が戻ってくることになります。

 

出費をする際にはできる限りクレジットカードや電子マネーを使って支払うことで、日常生活のささいな買い物でもコツコツとポイントが貯まっていき、年単位で見ると数万円の大きな還元になります。

クレジットカード経由ではなく現金で電子マネーにチャージした場合は、当たり前ですがポイントは付与されませんのでご注意ください。

メリットA 多くのお得な特典

詳しい特典内容は後ほどご紹介しますが、クレジットカードを持っていると、国内・海外のホテルやグルメ、レジャーを特別価格で利用できたり、国内・海外旅行傷害保険が付帯されたりと、持っているだけで多くのお得な特典を得ることができます。

メリットB 支払い時間を大きく短縮

お店での支払いの際に小銭を渡したり、お釣りが複数の札や小銭で返ってきたりする場合は、お金の受け渡しに意外と時間がかかります。
クレジットカードや電子マネーであれば、現金払いと比べてスムースに支払うことができ、時間の節約効果があります。

メリットC お金の紛失リスク軽減

【クレジットカード限定】

これは副次的な効果になりますが、高額な商品を購入する場合に大金を持ち歩かなくて済みます
仮にクレジットカードが盗難に遭ってしまった場合でも、すぐにクレジットカード会社へ連絡することで使用を停止できるため、損害を抑えることができます。

電子マネーを紛失してしまったらチャージしてあった金額はそのまま損失してしまいますが、チャージ上限額(Suicaであれば2万円)が設定されていますので、大きな損害にはならないようになっています。

 

クレジットカードと電子マネーのメリットを4つお伝えしました。
クレカと電子マネーはポイントを貯められるだけでなく、他にも数多くの特典があり、また支払いにかかる時間を大幅に節約できます。
とても多くのメリットがあるにもかかわらず、デメリットはほとんどありませんので、1人1枚持っておくことを強くおすすめします。

 

クレジットカードで払うとお金を使った気がしないという方は、使い過ぎにご注意ください。このリスクを理由にクレカを持たないのは節約の観点ではナンセンスですので、しっかり自己管理をしましょう。


繰り返しになりますが、クレジットカードで支払いをすることは、節約の基本であり、簡単にできて効果の高い節約術です。
買い物をする際は、できる限りクレカや電子マネーで支払うようにしましょう!
では実際に、クレジットカードと電子マネーを持ってみようと思ったときに、どちらも種類が多く何を選んだら良いか迷ってしまう方がほとんどだと思います。
そこで私が実際に使っていて、おすすめのクレカと電子マネーをそれぞれご紹介したいと思います。

 

 

おすすめのクレジットカードとは?

クレジットゴールドカード

学生や主婦・社会人デビューの方など初めてクレカを持つ方や、すでに持っている方、その他すべての方におすすめできるのが次の2つです。

  • NTTグループカードレギュラー
  • NTTグループカードゴールド

特におすすめなのが、「NTTグループカードゴールド」です。

NTTグループカードゴールドがおすすめの理由

ゴールドがおススメの理由には、次の4つがあります。

  1. 年間100万円以上使うことができれば、年会費無料
  2. 日常生活の出費をできる限りクレカや電子マネーで払うようにすれば、そこまで難しくない数字だと思います。

  3. レギュラーカードと比べて、より多くの特典を受けられる
  4. レギュラーカード特典にはない「クラブオフ」という超おすすめのサービスを使うことができ、贅沢しながら節約するのに大活躍します。

  5. 年会費のかかるゴールドカードと比べても、遜色のない魅力的な特典が豊富
  6. 他のゴールドカードには年会費がかかるカードが多く、年間2,000〜30,000円程度かかります。余計な出費は少しでも避けたいですよね。

  7. ゴールドカードを持っているだけでステータスに
  8. ゴールドカードはクレカを所有する人の中で1割程度しか持っていません。これを年会費無料で持てちゃいます。

 

 

では、続いて「NTTグループカードゴールドの魅力」と「両カード共通で使える特典」をまとめますので、ぜひ検討の参考にしてください。

一番のおすすめ!NTTグループカードゴールドの魅力

NTTグループカードゴールド限定の特典は、次の7つがあります。
とても魅力的な多くの特典を使えるようになりますよ。

  1. 年間利用額100万円以上で次年度年会費無料
  2. 全国20万以上の国内海外宿泊、グルメ、レジャー、スポーツ、ショッピングなどを優待価格で利用可能 (チェック クラブオフ)
  3. 最高5,000万円の海外旅行傷害保険が自動付帯
  4. 旅行代金を本カードで支払った場合に、最高5,000万円の国内旅行傷害保険が付帯
  5. 購入した商品の破損などによる損害を年間300万円まで補償
  6. 空港で「ゴールドカード会員専用ラウンジ」を無料で利用可能
  7. 特別会員に認定されると、年に1回Amazonギフト券などのギフト2,000円分をもらえたり、Amazonプライム1年間分が抽選で当たる、特別会員限定のキャンペーンに参加可能

Amazonプライムキャンペーンハガキ

「クラブオフ」サービスの詳細については、「お得な法人会員制クラブ「クラブオフ」」でまとめていますので、よかったらご覧ください。

レギュラーカードとゴールドカード共通で使える特典

両カード共通で使える特典は、次の7つがあります。

  1. トラベル、レジャー、カーライフなど、生活のさまざまなシーンで特典が受けられる優待サービスを利用可能
  2. クラブオフのグレードダウン版で、ゴールドカードなら使いません。

  3. 会員専用ポイントモール「倍増TOWN」を経由するだけで、インターネットでの買い物で付与されるポイントが2〜26倍
  4. 電子マネーへのチャージもポイント付与
  5. 電子マネーへのチャージはポイント付与の対象外になるクレカが多いですが、本カードは対象になります。

  6. 購入した商品の破損などによる損害を年間100万円まで補償
  7. レギュラーカードは100万円まで、ゴールドカードなら300万円まで補償。

  8. 全国の出光サービスステーションでの利用に応じて、翌々月のガソリン代を最大40円/リットル割引
  9. よく車を使う方はガソリン代をかなり節約できますよ。

  10. Amazonギフト券など1,000円分などが抽選で当たる、毎月開催されるキャンペーンに参加可能
  11. ポイント交換で「高還元率のキャッシュバック」 or 「ポイントをためて景品と交換」の2コースを選択可能

両カードの特典の詳細については、NTTグループカード ホームページをご確認ください。

クレジットカード

 

年間100万円を使うのが難しい場合やゴールドカードの特典にあまり魅力を感じない方は、レギュラーカードでも十分な特典がありますよ。


最後に1つ注意点をお伝えしておくと、次の2つの理由から、クレジットカードの所有は1人1枚がベストです。
多くても2枚にすることをおすすめします。

  • クレカが複数あるとポイントが分散してしまい、効率的に貯められなくなる
  • どのカードで何を買ったかの把握が難しくなり、家計の管理がしにくくなる

 

 

おすすめの電子マネーとは?

電子マネー

電子マネーにも多くの種類があり、有名なサービスだと「Suica」などの交通系を筆頭に「楽天Edy」などがあります。
お金を節約する観点だけであれば、クレジットカードさえ使っていればOKなのですが、日常での使用を考えると手段が一つしかないのは利便性に欠けます
クレジットカードで支払いをする場合、クレカを財布からわざわざ出してレジに通してもらって出てきたレシートにサインするか、暗証番号を機械に打ち込んで決済する必要があり、これを買い物する毎に行うのはけっこうな手間と時間がかかります。
そこで、この手間を簡略化するために、クレジットカードと電子マネーを併用するのが良いおすすめの運用方法になります。

モバイルSuicaアプリがおすすめ

私が使っていて一番のおすすめなのが、「モバイルSuicaアプリ」をスマホにインストールして、クレジットカードからチャージして使う方法です。

モバイルSuicaの詳細については、モバイルSuica ホームページをご確認ください。

この方法であれば、スマホをいじりながらでも決済機械に近付けるだけで簡単に支払いできますし、支払った金額がクレジットカードのポイント加算対象になります。
またSuicaなので当たり前ですが、電車に乗るときも改札にスマホをかざすだけで楽々通れます。

 

スマホをいじってると思ったらサッと支払いを済ませたり、改札を通ったりするのってスマートでカッコイイですよね。


電子マネーを使えば、効率的に支払って、なおかつポイントも貯められるというわけです。
電子マネーの決済機械が設置してあるお店では電子マネーで支払って、設置していないお店ではクレジットカードで支払うなど、上手く使い分けるのがおすすめです。


電子マネーのチャージがポイントの加算対象にならないクレカもあるので、作成前によくご確認ください。おすすめしているNTTグループカードであれば、電子マネーのチャージもポイント加算対象になるので良い組み合わせです。

まとめ

クレジットカードで支払うには、クレカをそのまま使う方法とクレカからチャージする電子マネーを使う方法の2つがあります。
クレジットカードはポイントを貯められるだけじゃなく、他にも多くの特典があり、時間を節約することもできます。
おすすめの運用は、「NTTグループカードゴールド」と「モバイルSuica」を併用する方法です。
お金と時間を大きく節約できますので、ぜひ試してみてください。


 このエントリーをはてなブックマークに追加 

このページの先頭へ戻る