最強の贅沢節約術!あまり知られていないおすすめの福利厚生まとめ

更新日:

会社

 

いきなりですが、みなさんがお勤めの会社にはどんな福利厚生がありますか?

 

正直あまりよく知らないんですよね。健康保険や住宅補助程度なら使っていますが、他のものは詳しくないし使ったことがないんです。


 

よく知られている福利厚生以外はたとえ使わなくても困らないので、このようにあまり知らないという方は多いと思います。
実際に僕の周りでも、一般的な福利厚生以外は利用していないという人が多いように感じます。

 

そこで本記事では、節約意識の高い人は利用しているおすすめの福利厚生をまとめたいと思います。

 

 

 

福利厚生とは?

まず初めに、会社の福利厚生について簡単にまとめます。
福利厚生とは、会社が従業員に対して支払う通常の賃金にプラスして支給する “非金銭報酬” のことをいいます。
また対象の多くは直接の従業員だけでなく、その家族やかつて従業員だった人まで受けることができます。

 

続いて、具体的な中身についてです。
福利厚生は一般的には次の6種別があります。
この中で、健康保険や社宅・健康診断・食堂などは日常の中で普通に使っていて、生活に欠かせないものになっていると思います。

 

福利厚生の6つの種別
保険 健康保険、雇用保険、厚生年金保険
住宅 借り上げ社宅、住宅補助費
医療・健康 健康診断、人間ドックの補助
ライフサポート 食堂の運営、介護・育児休職、財形貯蓄制度
慶弔 結婚・出産祝い金、傷病見舞い金
福利厚生サービス パッケージサービス、カフェテリアプラン

お勤めの会社によっては提供していないものもあるので、一度ご自分の会社で受けられるサービスを確認してみてください。

 

あまり知られていないおすすめの福利厚生

おすすめ

普段から使っている福利厚生は問題ないのですが、必ずしも使う必要がなく意識しないと使えないものがけっこうあります。
中には節約効果の高いものも多く、せっかく使える権利があるのに使わないのはもったいないですよね。
そこで、そんな福利厚生の中から僕がおすすめする2つをピックアップしてご紹介します。

おすすめの福利厚生
  1. 健康保険組合が提供している保養所や保養施設
  2. ベネフィット・ステーションなどのパッケージサービス

 

ではさっそく、1つ目から見ていきましょう。

保養所・保養施設

温泉

保養所・保養施設は健康保険組合が運営しており、組合員であれば誰でも格安で利用できます。
これらの施設は保養という目的で運営されているため、場所は箱根や熱海・鬼怒川などの有名温泉地や避暑地にあることが多くなっています。
そのため、次の2つの理由から旅行の宿泊施設として使えるというわけですね。

旅行の宿泊施設として適している理由
  1. 温泉地や避暑地の周辺には観光名所や施設・遊べる場所などが多い
  2. 1泊につき数千円の補助がある

 

ちなみに僕の会社の保養所では、1泊につき大人1人4,320円の補助(割引)で利用できます。
また、これらの施設は組合の保健事業の中で運営されているため、言い換えると毎月払っている健康保険料を使って運営されているので、利用しないともったいないですよ。

保養所・保養施設の他に、会社が提携している宿泊施設を特別価格で利用できる場合もあります。

 

 

パッケージサービス(ベネフィット・ステーション)

楽しい生活のイメージ

では続いて、2つ目におすすめするパッケージサービスについてです。
パッケージサービスとは、会員が様々な施設やサービスを優待価格で利用できるという福利厚生サービスの1つです。
業界最大手の “ベネフィット・ステーション” を例にして、パッケージサービスが提供する特典をまとめたいと思います。

ベネフィット・ステーションが提供する15個の特典

ベネフィット・ステーションでは、毎日の生活を充実させることができる15個の特典を提供しています。
それぞれの特典概要は次のとおりです。

 

特典概要
@お祝い 結婚や出産、お子さんの誕生日や入学など、人生の嬉しいイベントをプレゼントでお祝いしてくれる
A育児 育児をサポートしてくれる制度があり、託児所やベビーシッター探しなどの手伝いをしてくれる
B介護 介護に関する相談から施設探しや在宅介護サービスなどでサポートしてくれ、在宅介護や介護用品の補助金制度もある
C健康 人間ドックなどの各種健診サービスで、元気で健やかな暮らしをトータルでサポートしてくれる
Dスポーツ スポーツライフをサポートする情報を提供してくれ、フィットネスクラブやヨガ・スポーツなどのイベントも開催する
Eショッピング ネットショッピングでのお得な買い物をサポートしてくれる
Fレジャー・エンタメ 映画前売券や人気ライブの割引・先行販売、アミューズメントパークや美術館の割引などがある
Gリラク・ビューティー 全国の日帰り温泉やスパ、ヘア・ネイル・エステサロンなどの会員特典を利用できる
H学ぶ 語学や資格・ビジネススキル・おけいこなどの学習をサポートしてくれる
I出会い・ブライダル 異性との出会いからブライダルリングの購入・式場・ドレス選びまで、幸せな生活をトータルでサポートしてくれる
Jハウジング 住宅に関するセミナーからリフォーム・賃貸・購入までをサポートしてくれる
Kカー 国内外のレンタカー予約やガソリン割引、新車やカー用品の購入などカーライフを快適にするサービスを利用できる
L生活 インターネットや電気代・引越し・家事代行・写真プリント・ギフト・ライフプランサポートなど日常生活に便利なサービスを利用できる
Mグルメ 有名ホテルのレストランや話題のお店、普段使いのお店をお得に利用できる
N旅 国内外のホテルやパッケージツアーなど会員限定のお得なプランを利用できる

 

おすすめの3つの特典

ベネフィット・ステーションが提供する15個の特典の中で、実用性と節約効果が高いと感じるのが “レジャー・エンタメ” と “グルメ” と “旅” の3つです。
この3つを活用すると贅沢しながらも大きな節約ができるので、具体的な特典内容をピックアップしてまとめます。

※2019年4月1日時点

レジャー・エンタメ

観覧車

テーマパーク・遊園地、水族館、動物園、映画などの様々な施設を優待価格で利用できます。

 

テーマパーク・遊園地
施設名 通常価格 優待価格
富士急ハイランド 5,700円 5,300円
サンリオピューロランド 3,800円 3,300円
スパリゾートハワイアンズ 入館料 3,240円 2,200円

 

水族館
施設名 通常価格 優待価格
横浜・八景島シーパラダイス ワンデーパス 5,050円 4,400円
海遊館 2,300円 1,880円

 

動物園
施設名 通常価格 優待価格
東武動物公園 ワンデーパス 4,800円 2,500円
よこはま動物園ズーラシア 一般入園料金の20%OFF

 

映画

TOHOシネマズやイオンシネマ・ユナイテッドシネマ・MOVIXなどの映画館で、通常価格より500円安い “1,300円” で映画を観ることができます。
映画好きの方は要チェックです!

 

枚数限定!事前購入の特別サービス

遊園地や水族館、テーマパークなどのレジャー施設チケットを販売枚数限定のさらに格安価格で購入することができます。
このサービスがめちゃくちゃお得で、西武園ゆうえんちはこれが最安です!

施設名 通常価格 優待価格
西武園ゆうえんち オールシーズン券 3,300円 720円
東京ドイツ村 入場ご優待券 800円 450円
沖縄美ら海水族館 入園券 1,850円 1,480円
グルメ

ハンバーグ

様々な飲食店のクーポンがある “食べタイム” とホテルレストランなどの高級店を中心に利用できる “プレミアムダイニング” の2つのサービスがあり、割引率の高いプレミアムダイニングがおすすめです。

 

食べタイム

カフェやファミリーレストラン、人気のチェーン店や話題のお店などで、会員限定のお得なクーポンを利用できます。
割引率はあまり高くなく、ぐるなびやホットペッパーと同等のサービスです。

 

プレミアムダイニング

ホテルレストランなどの限定メニューやコースを最大50%OFFで利用できます。
こちらの方が割引率が高くおすすめで、一部のお店では50%を超えるメニューもあります。

旅行のイメージ

大手旅行会社の国内・海外パッケージツアーが基本旅行代金から3〜12%割引された料金で利用できます。
飛行機に乗るような大きな旅行の際は、この割引特典を使うと大きな節約ができますよ!

 

国内パッケージツアー
ブランド名 割引率
JTB 3〜5%
近畿日本ツーリスト 5%
日本旅行 5%
JALパック 7%
ANAセールス 8%
ビッグホリデー 8%

 

海外パッケージツアー
ブランド名 割引率
JTB 3〜5%
近畿日本ツーリスト 5%
日本旅行 5〜10%
JALパック 6〜8%
ANAセールス 8%

 

 

節約できた実例

では実際に福利厚生を使って、お金を節約できた実例をご紹介したいと思います。

保養所

富士山の景色

今回は保養所を利用して、節約しながら楽しく旅行をしてきました。

 

宿泊プラン

宿泊プランは4人家族の一般的なプランで次のとおりです。
今回の旅行で利用した福利厚生は、保養所だけでなくカフェテリアプランも併せて使っています。

利用した福利厚生 保養所の優待価格

カフェテリアプランのポイント補助

人数 大人×2、小学生×1、未就学児×1
プラン 1泊2食付き
部屋タイプ 和室10畳+広縁
通常料金 大人 11,840円、小学生 6,190円、未就学児 2,420円

カフェテリアプランは提供している会社が少ないのでおすすめとしていませんが、利用できる場合は併用するとさらに格安で旅行できます。

 

食事内容

夕食は会席料理のスタンダードプランにしましたが、大満足の内容でした。
料理の一例は次のとおりで、他にも牛もつ入りの塩ちゃんこ鍋や天ぷら、ご飯とお吸い物などがあり、ボリューム満点でとても美味しかったです。

 

料理の一例

会席料理@

会席料理A

会席料理B

 

節約できた金額

カフェテリアプランのポイント補助を含めて、合計で 30,880円 を割引してもらい、実際に支払った金額は 1,410円 だけでした。

 

領収書

保養所領収書

 

節約できた金額の内訳
種別 区分 補助金額
保養所 大人 4,320円×2人=8,640円
小学生 3,240円×1人=3,240円
未就学児 なし
カフェテリアポイント 19,000円

 

会社の提携宿泊施設

提携宿泊施設

今回は素泊まりで安く泊まれるタイプの会社提携宿泊施設を利用したので、食事は外で済ませました。
ホテルの部屋は綺麗な和洋室で、たまには素泊まりにしてその地域のお店で食べるのも良いですよ!

 

部屋の様子

提携宿泊施設の部屋

 

宿泊代金

家族4人で和洋室の部屋に1泊して、合計 13,692円 でした。

 

領収書

提携宿泊施設の領収書

 

国内パッケージツアー

テレビ塔

今回はベネフィット・ステーションの国内パッケージツアー(ANAセールス)を利用して、家族4人で4泊の北海道旅行をしてきました。
パッケージツアーを使うと個人手配よりも少し高くなりますが、けっこう節約できましたよ。

 

節約できた金額

ベネフィット・ステーション経由の申し込みで基本旅行代金の8%を割引してもらい、 32,912円 を節約できました。
またツアー自体に付いている早割でも 12,000円 を割引してもらい、合計で 44,912円 の節約です。

 

旅行代金明細

北海道旅行代金明細

 

まとめ

あまり知られていないおすすめの福利厚生には、保養所とベネフィット・ステーションなどのパッケージサービスの2つがあります。
保養所は旅行先の魅力・料金ともに優れていて、おすすめの宿泊先です。
またパッケージサービスはレジャー・エンタメとグルメ、旅の3つが実用性と節約効果の高いおすすめの特典になります。
福利厚生は人生のあらゆる場面で大活躍するので、利用できる方はしっかり使って節約しましょう!




このページの先頭へ戻る