鉄道利用でもポイントが貯まる!Suicaの3つのメリットを解説

更新日:

Suica新サービス

出典:JRE POINT

 

2019年10月1日から消費税が10%に増税され、政府支援の一環として「キャッシュレス・消費者還元事業」がスタートしました。
この事業の開始に伴い、キャッシュレス決済のSuicaを提供しているJR東日本が前代未聞の新サービスを開始したのですが、みなさんはご存知でしょうか。

 

本記事では、この新サービスを含めたSuicaを使う3つのメリットについてまとめたいと思います。

 

 

 

キャッシュレス・消費者還元事業とは?

キャッシュレス・消費者還元事業

Suicaのメリットをお伝えする前に、「キャッシュレス・消費者還元事業って何?」「どのくらいのポイントが還元されるの?」「どんなキャッシュレス決済が対象なの?」という疑問にお答えするために、本事業の内容を簡単にまとめたいと思います。

 

この事業は消費税率を10%に引上げた日から9ヶ月間、対象のサイトや店舗での支払いでキャッシュレス決済を利用した場合にポイント還元を受けられるというものです。
具体的な期間と還元されるポイント、対象になるキャッシュレス決済サービスは次のとおりです。

 

対象期間

2019年10月1日〜2020年6月30日

 

還元されるポイント

多くのお店は5%還元ですが、コンビニなどは2%になります。

店舗種別 還元率
下記以外のほとんどの店舗 購入金額の5%
フランチャイズチェーン店傘下の中小・小規模店舗 購入金額の2%

 

対象のキャッシュレス決済サービス

ポイント還元の対象になるキャッシュレス決済は、クレジットカードや電子マネー、スマホ決済があります。
それぞれの主要なサービスは次のとおりです。

クレジットカード イオンカード、オリコカード、セゾンカード、JCBカード、ジャックスカード、TS CUBIC CARD、MUFGカード、DCカード、NICOSカード、三井住友カード、UCカード、楽天カード、アメリカン・エキスプレス・カード
電子マネー Suica、PASMO、manaca、ICOCA、nimoca、SUGOCA、PiTaPa、nanaco、WAON、楽天Edy
スマホ決済 PayPay、d払い、楽天ペイ、メルペイ、LINE Pay、Origami Pay、au PAY

 

 

Suicaの3つのメリット

Suicaを使うメリット

みなさんは、電車の運賃を支払う手段として何を使っていますか?
まだ紙切符を利用しているという方もいるかもしれませんが、その地域でサービスを展開している鉄道会社が提供する電子マネーを利用している方が多いと思います。
その中の1つで、JR東日本が提供しているのがSuicaです。

 

キャッシュレス・消費者還元事業がスタートした今、キャッシュレス決済としてSuicaを使う3つのメリットをまとめたいと思います。
では、さっそく1つ目から見ていきましょう。

@キャッシュレス・消費者還元事業で最大5%還元

キャッシュレス・ポイント還元マーク

冒頭でお伝えしたとおり、Suicaはキャッシュレス還元の対象なので、上のマークがある対象店舗での支払いで5%あるいは2%のポイントが還元されます。
ここで、Suicaを使用してキャッシュレス還元を受ける際にポイントが2つあるので、まとめておきたいと思います。

 

コンビニなど即時充当で還元されるお店ではポイント還元なし

コンビニでキャッシュレス決済を利用する場合は、ポイント還元されるはずの2%が即時に反映されて、割引後の代金で支払いが完了します。
支払いの際に2%分はすでに還元されているので、ポイント還元はないというわけです。
これはSuicaだけでなく、すべてのキャッシュレス決済に適用されます。

 

事前にJRE POINT WEBサイトへの登録が必要

ポイント還元を受けるには、お使いのSuicaをJR東日本が運営している「JRE POINT WEBサイト」に登録する必要があります。
登録が完了したSuica(以下、登録済みSuica)を対象のお店で利用した場合のみ、ポイントが還元されます。
また還元されたJRE POINTは、1ポイント 1円としてSuicaへのチャージやSuicaグリーン券および各種商品への交換などに利用できます。

JRE POINT WEBサイトに登録前の支払いはポイント還元の対象外です!
未登録の方は忘れないように登録しましょう。

 

A電車を利用してもポイントが貯まる

2019年10月1日から、普段の鉄道利用でもポイントが還元されるという前代未聞のサービスが始まりました。
登録済みSuicaでJR東日本の鉄道を利用すると、JRE POINTが貯まるようになります。
JR東日本の鉄道を利用する機会の多い人には、かなり嬉しいサービスですね。
ちなみに、JRE POINT WEBサイトへの登録が必要なのはキャッシュレス・消費者還元事業と一緒です。
ポイント還元の対象や還元されるポイントは次のとおりです。

 

ポイント還元の対象

次の3つを利用することでポイントが貯まります。

  • 登録済みSuicaでJR東日本の在来線に乗車した場合
  • 登録済みSuicaでSuicaグリーン券を購入した場合
  • 登録済みのモバイルSuicaでモバイルSuica定期券を購入した場合(※)

※ 他社線利用分が含まれる場合も購入金額全体がポイント還元対象になります。

 

還元されるポイント

還元さえるポイントは次の表のとおりで、モバイルSuicaの還元率はカードタイプSuicaの4倍もあるため、モバイルSuicaの利用が圧倒的にお得です。
利便性の観点からもモバイルSuicaがおすすめですよ。

 

Suica種別と還元率
Suica種別 還元率
モバイルSuica 2%(50円ごとに1ポイント)
カードタイプSuica 0.5%(200円ごとに1ポイント)

※モバイルSuicaであれば50円以下、カードタイプSuicaであれば200円以下の利用でも1ポイントが還元されます。

 

高額利用者の還元例

ここで、高額利用者にはどのくらいお得なサービスなのかを計算してみたいと思います。
条件は次のとおりです。

条件@ 通勤で新幹線を利用
条件A 定期代は毎月9万円、定期区間外の利用が1万円
条件B 常にモバイルSuicaを利用

 

モバイルSuicaは還元率が2%なので、トータルで2,000ポイントが還元されることになります。

100,000円 × 0.02 = 2,000ポイント

毎月10万円利用する方は、サービス開始前と比較すると毎月2,000円相当の節約ができるようになりますね!

BJRE POINT加盟店でポイントが貯まる

次のマークのあるJRE POINT加盟店で買い物すると、100円 or 200円(税込)ごとに1ポイントが貯まります。

 

JRE POINTマーク

JRE POINTマーク

 

本サービスはキャッシュレス・消費者還元事業とは関係なく、以前から提供されているサービスです。
ポイントが貯まるお店と還元率は次のとおりで、駅の売店・自販機や駅ビル・駅構内店舗など駅内のお店が中心です。

 

ポイントが貯まるお店と還元率
種別 お店・施設名 還元率
売店・自販機 NewDays 0.5%
KIOSK
acure 1%
駅ビル・駅構内店舗 ecute 0.5%
キッチンストリート
GRANSTA
その他 駅弁屋 0.5%
新幹線の車内販売
HOTEL METS
METROPOLITAN HOTELS
jexer 1%

 

まとめ

キャッシュレス決済のSuicaには3つのメリットがあり、日常生活の中でJRE POINTをガッツリ貯めることができます。
特筆すべきなのが鉄道を利用してもポイントが貯まる新サービスで、モバイルSuicaであれば2%のポイントが還元されるというかなり高水準なサービスです。
Suicaはキャッシュレス決済の中でもおすすめサービスの1つなので、Suicaを持っている方は忘れずにJRE POINT WEBサイトへ登録しておきましょう。




このページの先頭へ戻る